2012年11月07日

田舎の日記

ハローワークで 賃金は、安いが プラスチックの営業の仕事の募集に 窓口に問合せをして 椅子で待っていた。しかし 相変わらず この混みように 景気の悪さが繁栄しており 居るだけで ダークになってくる。おっと 呼んでいる 窓口に再び 顔を出すと 担当より 実は 年齢が ここの社長より 年上の為 採用は、駄目見たいです。なんで!どうして! 前に 辞めた 営業が 年上で 経理上 色々問題を起こして辞めた為だそうです。じゃ 最初から 年齢制限を提示すれば良いのにと!担当に 詰め寄ったら 担当いわく 年齢制限 男女制限 ううん は、言えない事になっていまして! まぁ取り分けそんな回答に矛盾だらけな世の中を憤りを感じてハローワークを後にした。2日位立ったら 携帯が鳴った 県会議員より 明日のドライバー依頼だった。翌日
いつもの様に 先生を迎えに行き簡単にスケジュールを聞いて、走りについた。そうだ 寿秋君 海来寺 に 昼 一時より 行くのすっかり忘れていたよ!今日何かあるのですか!豆巻き 行事で 寺 行事で 沢山の人が来るので 私も行って 顔を売らなければならないので頭に入れてほしい。分かりました。一時で海来寺ですね!そういって 午前中は、企業回りを そつ無く回っていた。海来寺で予定通りそこに着き 近くの公園で邪魔にならない様に駐車していたら やはり 御加護がある様にと 金持ち楓のおばさん 連中が車を止め 寺へ行く風景を横目で見て 俺にも 不思議なパワーが来て 職にありつけないかなぁ!寺の御加護をもらいたいと 茫然と考えていた。暫く立って ようやく携帯が鳴った。終わったのか 抜け出して きたのか!先生どうでしたか!まぁ いっぱい人達が来ていて みんな有難い 一票 の山で 自然に頭が下がると 頭の中は、 選挙 選挙でいっぱいらしい
まぁ 政治の先生方は、当選すれば 先生だが 落ちれば ただの 人に 過ぎない 身分にて。車をいつもの様に 企業やら 個人の有力者に 走らせ回った。一度 事務所に 戻ってくれたまえ!はい わかりました。やっと コーヒータイムにありつけると事務所に向かった。着いて間もなくすると カップクの良い 迫力の有る オバサン がやって来て 先生に向かい これ 大切な寺からの お土産 忘れたら駄目じゃないの?と凄い 威圧感と 凄い 圧倒させる霊気を感じさせる オバサンに ぎょっと何故か 目があってしまう 寿秋だった。
posted by 田舎人 at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月06日

田舎の日記

事務所についた 先生には、お客様が 待っていた。私は、邪魔にならない 端の テーブルにわりと可愛い事務員さんから運ばれた コーヒーを飲んでいた。お客様と先生の話しを別に聞く気は、無かったが 親子で尋ねて来た お客様が 自分の子供を何とか 後ろ楯になってもらって 就職の斡旋で有った。何でも 東京 六大学の某有名大学の法学部を出て数年間 東京で 一回か二回は、間ともな職業に着いたが今は、フリターを やっており 親が見かねて 先生捕まえ 選挙前にお願いに上がったが 逆に先生より 面接を受け あうだ こうだ と交わされいるようだ! だちたい この不景気の御時世 頼れる親が要るのは、まだ ましで フザケルナ !と言いたいが まぁ 自分も プータローの身分じゃ 何とも 何とも !またまた お客様んーん 今度は、
どっかの金に困った社長かなぁ 資金繰りの件 で金融機関が動いて くれないので なんとか!まぁ 次から次へ こっちとら 運転しなくて良く ラッキー とおもいけや 次回の仕事が 家で 連絡待ちで 今日は?もう良いと先生から言われて 家へ さぁ 時間もあるし 誰かとは、違って 後ろ楯も何にも無い 自分は、ハローワークへ行く始末にて。
posted by 田舎人 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

田舎の日記

しかし 反省会が 終わり 翌日からは、また 仕事らしき仕事もないプータローだった。はてはて またしても ハローワークに並び多くの時間と労力を使わなければならない日々にガッガリと肩を落としているといっしょに リストラ された 小野君から携帯へ連絡が有った。
アルバイトも 終わり 毎日家と図書館とハローワークの往復に正月も過ぎ大雪の雪 の処理に終われる毎日! 早く 春の訪れてを待ち望見たいのだが 仕事らしき仕事もない プータローには、お金にありつけない日々に混沌した日々だけが過ぎていった。
数日が過ぎて 毎日 家の前に積もる 雪かき 除雪に汗を流していた。まぁ 金は無くてもやる事は、山ほど有りの毎日だった。携帯が鳴った、友達の星山からだった。実は頼みが有るのだがお願い出来るかなぁ!どんな内容 金なら無いよ あるのは、この体と時間だよ!それで充分 例の県会議員の先生の運転手をお願いしたいのだが どうだろうか!そうか 4月早々の選挙もいよいよ だもんなぁ!そうなんだ 皆で手分けして 挨拶まわりで後援会も動きが活発化なんだよ! 解ったよ! そして 割り当ての日が来た。おはようございます。()先生迎えにきました。宜しくお願いします。こちらかそ宜しく頼みますよ。簡単な打ち合わせをすませ 先生に言われた場所へ。車の中の先生は、携帯電話がヒッキリなしに鳴って応対やら こちらからの用件など まぁ 忙しく口を動かしていて 政治家も仕事と言えば仕事だが本音と建前が大きく解離しているのも
珍しい!有力支持者 特に 企業や 大きな 集票マシーン者には、念入りに 挨拶を欠かせない。要するにそう言った所のダンカ回りに 振る回転にて、寿秋君!はい! 一度 私の事務所によって 休憩しましょう!先生わかりました。やっと 休憩が出来る
posted by 田舎人 at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月03日

田舎の日記

機械の分解点検し、また組み立て 試験運用時の測定にて、回転率(モーター)と熱をどの位持つか(許容範囲)異音は、ないか!など 力仕事と違って 大分 肉体的には、楽だった 一応 気を使ってくれているのが 分かる。数日が過ぎた辺りから また 元の
工事一般に戻され クレーンで機械を吊り上げ ワイヤーロープの玉賭けや ばらした 機械類の分解手入れ また ペンキ塗りや塗装塗布など ハードな仕事の中に親方の罵声に近い 厳しい 言葉の炸裂に また 始まったと後期が迫ると イライラのストレスに 
緊張感が走った。でも 何だ カンダで いよいよ12月末も向かえ 仕事にもメドがたち臨時雇用の孫下請けの人達にいつまでと 斑ごと 仕事打ち切りが伝えられ プレハブ小屋で昼飯の時も半分以下に作業者が減っていて、寿秋たちの班にも今週いっぱいとお告げあった。何だ かんだ といっても もう 終わりか!寿秋は、伊藤(英夫)に途中 腰痛で穴 開けたけど また 使ってもらい 最後までいたとは、言え 複雑だよ! いんじゃない まぁまた 何もなければ来年も アルバイトあるかもしれないので 宜しくって言う事で良いんじゃない!!!そうだね!!! まぁ 深く考えないで それで 良いか!!! 数日後 孫受け社長以下6名の人材派遣会社の忘年会が有り盛り上がった。
posted by 田舎人 at 19:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

田舎の日記

また同じ部所の親会社の工事課長に挨拶したら 意味深な 言葉が 返って来た。腰痛は、休みの時 自宅でなったと聞いたが もう良くなったので また 来てくれて助かるよ まぁ無理しないで 何か 有ったら 責任者に 言って下さい。寿秋は、一瞬 何か 話しが変で有ったが ためらい ながらも 相手が相手なので 深々と頭を下げ 宜しく御願いした。現場へ 相変わらず忙しく慌ただしく いつもの様に おい! そこじゃない! 何処見てんだ! 工事現場特有の罵声にも にた わめき声に また 嫌な所に逆戻りか!とガッガリしていたら 親方(責任者)がやって来て 暫くだなぁ どうだ 腰痛の方は!無理するなと 珍しく 暖かい声を私に掛けてくれて 今日から少し 俺の仕事を手伝ってくれと 優しい声を掛けてくれた。御心配掛けまし
た。また宜しくお願いいたします。所でどの様な お手伝いですか!と聞いて見たら 機会の測定を俺と一緒にやってもらいたいと彼が言った。

posted by 田舎人 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

田舎の日記

夜になり夕食が済み 風呂でも 入ろうとしたら 携帯が鳴った 下請けの下請けの 一応 私たちの派遣もとで 自ら同じ仕事をしている 社長からだ! どうですか!腰の調子は!はい 大分良くなりました!どうだろう また カンバックしてもらえないだろか!えぇー 暫く 声がつまった。そして 来週からでしたら と 条件をつけ 返事をした 寿秋だったが 社長からは、是非お願いいたしますと言われ 拍子抜けした感じがした。相当 期日が迫っていて あのメンバーで足の引っ張りあい なら 工事計画も 進むものも進まないかもなぁ! でも また あの嫌なとんでもない環境でも 生活の為なら仕方ない気持ちよりも 何かいつもと違って 仕事が有る やる事がある 必要な人達からお願いされる喜び 何か 奉仕の気持ちが沸く 不思議な感覚であった。開き
直って やるかと 決めたら ハートが軽くなった。そしてカンバックの日がやって来た。おはようございます。また宜しくお願いいたします。あち こち 会う人達に挨拶と笑顔を振り撒いた。
posted by 田舎人 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

田舎の日記

あの供養から三日が立った。携帯が鳴った。誰だろうと 思って 携帯にでたら 伊藤英夫だった!どうだ 体の方は!大分良くなったよ!そちらは、どうだ 忙しくて たまらないよ!で何か! また戻ってきてもらいたいと親方(現場責任者)が話してて 腰の調子 に支障なかったら再度 お願いいたしますと こちらの社長と今日 朝方 話ししていたのを 聞いていたので 内々にて 今 携帯したが どう 調子!あの酷い 仕事内容と人間関係も そうだか! そちらの考えもある事だし ! ワザワザ連絡ありがとう そうだね!考えておくよ! そうか じゃ宜しく! そうか!中々俺の後がま 見付からなかったのかなぁ 後期も有るだろうし 新人来ても あの素晴らし過ぎる人間関係だと 仕事内容も去ることながら拒絶の可能性も大にて。いつもの寿秋ならば 冗談じゃ無い あそこで 腰痛になったのも 全て 先方が悪い の一点張りだっが。今回は、リストラを味わいハローワークに常に並び、祖先にまつわる供養なども有り また 不景気でろくな仕事にもありつけない時代にまた頼まれるだけ幸せだと 考え方が 従来と180度変わっていた 自分に気付いた時 この世の中に見えない力、 陰の何かを感じていた。

posted by 田舎人 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

田舎の日記

海近寺の庭に車を 突っ込み 痛い 腰から 左足を引きずり 玄関の戸口を開け たら 住職が玄関に立っていて どうしたんだ その格好は!実は これこれしかしか! 早速 本道へ !住職やはり 祈祷で悪い霊を追い払うんだね! 違う 違う こう言う事は、逆で きちんと霊を労い 供養して上げないといけない まして それにともなう そちらの祖先と 一緒に関係したその当時、若い衆だった 他の家の祖先の名字も教えてもらいたい!。 関係者 一同をひとくくりとして 合同 供養をした方が良いと言われ 寿秋は、是非とも 住職御願いしますと丁重にお願いした。早速 本堂へ行き 佐藤住職による 真言密教 秘伝の供養 大般若の部分も取り入れ また 太鼓の響く 力強さと 住職の響く 供養の音が 秋晴れの夕日に 窓を開けて いる 外からの 空気そよ風となり 本堂から 外へ 赤川 目指して 見えない お陰様が移動するのが 感じられた、その時 痛かった 腰に暖かさを感じていた。ジワと 何とも 癒される感じと 晴ればれする 清々しい 気分にて。終わって 住職へお礼と いくら供養代は、と問い合わせたが 住職から 今回は、受け取れませんと言われ 不思議にその時は、思ったが後になってその理由の素晴らしさは、後になって 理解できた。

posted by 田舎人 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

田舎の日記

そんな祖先も含め 近所の祖先も含め そんな 怪しく怖い霊的物語が有ったとは、驚きであった。まぁ温泉にでも 泊まりに行ったと思って 祈祷して来た方が良いのでは、ないかと 爺さんが 助言してくれた!七代まで 祟るとは!俺の息子までか!そんな昔話まで有ったとは、驚きで有る。見えない 陰の力は、侮れない 良く賢い人達か 裏方のお陰様で!と言う事は、伊達で無かったんだと!おっと 俺も 50代初めで 何だ かんだ も 兆候が出ていて あなたの知らない世界かなぁ ヤバい 桑原 桑原 この分だと 早死かなぁ!爺さん ありがとよ オマケの話が最高だったよ! 若いの 温泉行ったつもりで 祈祷しろよ! はい はい! そう言って爺さんと別れて 10日が過ぎた アルバイト先からも 事情が、ぎっくり腰だから 相手にしたくないのと フリーター
に対しては、下請けの下請けだから いっくらでも 代わり スペアー居ると たかを くくっているみたいで その後 どうも いたわりの連絡も無し 世の中 あぁ無情か!しかし医者行って リハビリやって通い 続けて 二週間立つのに 歩くのがやっとじゃ 洒落にならないなぁ 不味いよ うーん ヤッパリ 爺さんの 言葉 気になるなぁどうしたら 腰がよくなるのか!見えない力 お陰様か! ぼぉーと 寿秋は、考えていたら あぁ そうだ! お陰様の力 お陰様の力 真言密教 そうそう伊達に歴史を勉強したんじゃない 今こそ その力に すがるしかない 急いで 携帯 携帯!寿秋です。今 寺にいるかい 実は、御願いがあるんだが!まぁ 今 寺に5時までは、居るからと言われて 早速 佐藤住職の居る 海近寺へ車で急いだ。
posted by 田舎人 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月29日

田舎の日記

またしばらくすると 若いの!あんたに一つ 話て於かなければならない事を思い出したよ! 何だ爺さんよ! それは、あんたの家とその周辺の家の祖先たちの事なんだが!
それがどうかしたのか!
その昔 今から120年前 江戸から明治になった頃に そちらの祖先や近所の祖先の若い人たちが近くのそちらの家を昔 流れていた 旧赤川(大梵字川)を越えた辺りに共同の農作業小屋(農具 船をこぐさお 木工道具)を5件の農家の若い皆の衆の集いの場所があったとさぁ。 そこに 明治維新で武士が解体され武家に奉公した人で50歳―60歳くらいの人が失業して乞食をしながら生きながらえてきたがとうとう駄目になってその小屋に居座ってしまった。更に乞食も出来ないほど体も弱りもう一両日中で死ぬ所まで来た所まで来た時にその小屋を管理していた若い衆たちは、ここで死なれると大変面倒になると思い また どうせ死ぬ人だからと言いみなで川へ成仏しろとダボンと放りなげたとさぁ!そしたら 赤痢かチフスか悪い病気で関わった若い衆 みなが 同じくして若死にしたとさぁ。あまりにも不思議な事件なので当時 霊媒師(ミコ)に聞いてみたら 7代まで祟ってやると 言うというとても恐ろしい怨霊となった失業した武士の悲しきまた関わった若い衆も皆 亡くなると言う 恐怖の事件内容だった。まてよ爺さん その家の跡継ぎ、今日まで 満足な家は、ないよ 皆 戦争では、長男が亡くなっているし俺んちも長男が跡をつんでいないよ!あそこも ここも!!!
posted by 田舎人 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。