2012年10月05日

田舎の日記

また同じ部所の親会社の工事課長に挨拶したら 意味深な 言葉が 返って来た。腰痛は、休みの時 自宅でなったと聞いたが もう良くなったので また 来てくれて助かるよ まぁ無理しないで 何か 有ったら 責任者に 言って下さい。寿秋は、一瞬 何か 話しが変で有ったが ためらい ながらも 相手が相手なので 深々と頭を下げ 宜しく御願いした。現場へ 相変わらず忙しく慌ただしく いつもの様に おい! そこじゃない! 何処見てんだ! 工事現場特有の罵声にも にた わめき声に また 嫌な所に逆戻りか!とガッガリしていたら 親方(責任者)がやって来て 暫くだなぁ どうだ 腰痛の方は!無理するなと 珍しく 暖かい声を私に掛けてくれて 今日から少し 俺の仕事を手伝ってくれと 優しい声を掛けてくれた。御心配掛けまし
た。また宜しくお願いいたします。所でどの様な お手伝いですか!と聞いて見たら 機会の測定を俺と一緒にやってもらいたいと彼が言った。

posted by 田舎人 at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月04日

田舎の日記

夜になり夕食が済み 風呂でも 入ろうとしたら 携帯が鳴った 下請けの下請けの 一応 私たちの派遣もとで 自ら同じ仕事をしている 社長からだ! どうですか!腰の調子は!はい 大分良くなりました!どうだろう また カンバックしてもらえないだろか!えぇー 暫く 声がつまった。そして 来週からでしたら と 条件をつけ 返事をした 寿秋だったが 社長からは、是非お願いいたしますと言われ 拍子抜けした感じがした。相当 期日が迫っていて あのメンバーで足の引っ張りあい なら 工事計画も 進むものも進まないかもなぁ! でも また あの嫌なとんでもない環境でも 生活の為なら仕方ない気持ちよりも 何かいつもと違って 仕事が有る やる事がある 必要な人達からお願いされる喜び 何か 奉仕の気持ちが沸く 不思議な感覚であった。開き
直って やるかと 決めたら ハートが軽くなった。そしてカンバックの日がやって来た。おはようございます。また宜しくお願いいたします。あち こち 会う人達に挨拶と笑顔を振り撒いた。
posted by 田舎人 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月03日

田舎の日記

あの供養から三日が立った。携帯が鳴った。誰だろうと 思って 携帯にでたら 伊藤英夫だった!どうだ 体の方は!大分良くなったよ!そちらは、どうだ 忙しくて たまらないよ!で何か! また戻ってきてもらいたいと親方(現場責任者)が話してて 腰の調子 に支障なかったら再度 お願いいたしますと こちらの社長と今日 朝方 話ししていたのを 聞いていたので 内々にて 今 携帯したが どう 調子!あの酷い 仕事内容と人間関係も そうだか! そちらの考えもある事だし ! ワザワザ連絡ありがとう そうだね!考えておくよ! そうか じゃ宜しく! そうか!中々俺の後がま 見付からなかったのかなぁ 後期も有るだろうし 新人来ても あの素晴らし過ぎる人間関係だと 仕事内容も去ることながら拒絶の可能性も大にて。いつもの寿秋ならば 冗談じゃ無い あそこで 腰痛になったのも 全て 先方が悪い の一点張りだっが。今回は、リストラを味わいハローワークに常に並び、祖先にまつわる供養なども有り また 不景気でろくな仕事にもありつけない時代にまた頼まれるだけ幸せだと 考え方が 従来と180度変わっていた 自分に気付いた時 この世の中に見えない力、 陰の何かを感じていた。

posted by 田舎人 at 05:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月02日

田舎の日記

海近寺の庭に車を 突っ込み 痛い 腰から 左足を引きずり 玄関の戸口を開け たら 住職が玄関に立っていて どうしたんだ その格好は!実は これこれしかしか! 早速 本道へ !住職やはり 祈祷で悪い霊を追い払うんだね! 違う 違う こう言う事は、逆で きちんと霊を労い 供養して上げないといけない まして それにともなう そちらの祖先と 一緒に関係したその当時、若い衆だった 他の家の祖先の名字も教えてもらいたい!。 関係者 一同をひとくくりとして 合同 供養をした方が良いと言われ 寿秋は、是非とも 住職御願いしますと丁重にお願いした。早速 本堂へ行き 佐藤住職による 真言密教 秘伝の供養 大般若の部分も取り入れ また 太鼓の響く 力強さと 住職の響く 供養の音が 秋晴れの夕日に 窓を開けて いる 外からの 空気そよ風となり 本堂から 外へ 赤川 目指して 見えない お陰様が移動するのが 感じられた、その時 痛かった 腰に暖かさを感じていた。ジワと 何とも 癒される感じと 晴ればれする 清々しい 気分にて。終わって 住職へお礼と いくら供養代は、と問い合わせたが 住職から 今回は、受け取れませんと言われ 不思議にその時は、思ったが後になってその理由の素晴らしさは、後になって 理解できた。

posted by 田舎人 at 05:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月01日

田舎の日記

そんな祖先も含め 近所の祖先も含め そんな 怪しく怖い霊的物語が有ったとは、驚きであった。まぁ温泉にでも 泊まりに行ったと思って 祈祷して来た方が良いのでは、ないかと 爺さんが 助言してくれた!七代まで 祟るとは!俺の息子までか!そんな昔話まで有ったとは、驚きで有る。見えない 陰の力は、侮れない 良く賢い人達か 裏方のお陰様で!と言う事は、伊達で無かったんだと!おっと 俺も 50代初めで 何だ かんだ も 兆候が出ていて あなたの知らない世界かなぁ ヤバい 桑原 桑原 この分だと 早死かなぁ!爺さん ありがとよ オマケの話が最高だったよ! 若いの 温泉行ったつもりで 祈祷しろよ! はい はい! そう言って爺さんと別れて 10日が過ぎた アルバイト先からも 事情が、ぎっくり腰だから 相手にしたくないのと フリーター
に対しては、下請けの下請けだから いっくらでも 代わり スペアー居ると たかを くくっているみたいで その後 どうも いたわりの連絡も無し 世の中 あぁ無情か!しかし医者行って リハビリやって通い 続けて 二週間立つのに 歩くのがやっとじゃ 洒落にならないなぁ 不味いよ うーん ヤッパリ 爺さんの 言葉 気になるなぁどうしたら 腰がよくなるのか!見えない力 お陰様か! ぼぉーと 寿秋は、考えていたら あぁ そうだ! お陰様の力 お陰様の力 真言密教 そうそう伊達に歴史を勉強したんじゃない 今こそ その力に すがるしかない 急いで 携帯 携帯!寿秋です。今 寺にいるかい 実は、御願いがあるんだが!まぁ 今 寺に5時までは、居るからと言われて 早速 佐藤住職の居る 海近寺へ車で急いだ。
posted by 田舎人 at 05:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。