2012年09月14日

田舎の日記

いたいた 朝の8時前なので 朝畑仕事が終わり軽トラックが 家の前に止っており 楓
マークつきである。御免ください 爺さんいますか! 生き良いよく 入っていったら
お嫁さんといっても 60歳過ぎのオバサンが出てきて 何か! 松丸爺さんいましたか!と言うと奥の部屋から 元気な95歳とは、思えない 爺さんがでてきた。おたく
何処の誰だ! 龍家の寿秋です。ここのしたのほうの家の!んだんだそうです。何の用事
だ!実は、松丸爺さんがの口伝を中心に黒林の沿革史(地域の歴史書)らしいものが出版され村の一部で見かけて あまりにも評判が悪く 不人気な為 下火になっている あの本についてなんですが 黒林の歴史が 850年 神社を誘致から始まっていましたが この辺は、縄文土器や 柵(古墳〜奈良時代)などの話なども有り とても 850年は、ちょと
疑問に思いまして! まして 弘法大師 (空海)の伝承があれば 優に 1200年は、くだらないと思いますが! あれぁ 空海の事 載ってなかったか! 全然!俺がきちんと話たはずだが 自分たちの祖先のことばかり 中心に書こうとしたからじゃ!!!
そうなんだ! やはり 爺さんも空海の口伝は、教えられておおきくなったんだね! そうだとも! あの空海は、この黒林になくては、ならなかったお人じゃ!!!

posted by 田舎人 at 08:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。