2012年10月04日

田舎の日記

夜になり夕食が済み 風呂でも 入ろうとしたら 携帯が鳴った 下請けの下請けの 一応 私たちの派遣もとで 自ら同じ仕事をしている 社長からだ! どうですか!腰の調子は!はい 大分良くなりました!どうだろう また カンバックしてもらえないだろか!えぇー 暫く 声がつまった。そして 来週からでしたら と 条件をつけ 返事をした 寿秋だったが 社長からは、是非お願いいたしますと言われ 拍子抜けした感じがした。相当 期日が迫っていて あのメンバーで足の引っ張りあい なら 工事計画も 進むものも進まないかもなぁ! でも また あの嫌なとんでもない環境でも 生活の為なら仕方ない気持ちよりも 何かいつもと違って 仕事が有る やる事がある 必要な人達からお願いされる喜び 何か 奉仕の気持ちが沸く 不思議な感覚であった。開き
直って やるかと 決めたら ハートが軽くなった。そしてカンバックの日がやって来た。おはようございます。また宜しくお願いいたします。あち こち 会う人達に挨拶と笑顔を振り撒いた。
posted by 田舎人 at 09:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。