2011年05月14日

田舎の日記 メルトダウン

東電、福島第一原発のメルトダウンを認める! 武山氏より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110512-00001114-yom-sci

 メルトダウンである事は、誰が見ても分かる状態でした。しかし、東電が正式にメルトダウンである、と認めた事の裏側には国による損害賠償の裏付けがあったと思います。あくまでも国はメルトダウンであるとは認めたくなかった筈です。

 しかし、ここでも諸外国の判断の方が的確で早かったようです。日本の政府の隠蔽体質がここでも発揮されています。こうなったからには、菅民主党政権が何時倒れるのか、に焦点が移って来るでしょう。

 先ほどの記事にも書いたように、はっきりと時代の変遷、パラダイムの転換が起こりつつあります。
新宿三越他、老舗デパート閉店2011年5月13日日本全国から収集された街角の景気状況をお伝えします。

◆三越伊勢丹ホールディングスは、東京・新宿エリアにて営業する「新宿三越アルコット」店を2012年3月末で閉店すると発表した。2005年3月に旧三越新宿店から転換しオープンした同店は、売場面積2万平方メートルを誇る都市型ファッションテナントビルとして買い物客に利用されていた。しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みなどから業績が伸び悩んでいたことに加え、同グループによる資産・事業計画見直しの一環として今回の閉店を決定した。
なお、閉店後の建物は外部一括賃貸として家電量販店大手の「ビックカメラ」に賃貸するとのこと。


◆エイチ・ツー・オー・リテイリング傘下の「阪急阪神百貨店」は、兵庫県神戸市にて営業する「神戸阪急」を2012年9月までに閉店すると発表した。1992年にオープンの同店は、地下1階・地上6階・営業面積3.3万平方メートルの百貨店で、神戸ハーバーランド地区の核商業施設として地元・神戸の買い物客を中心に広く利用されていた。
しかし、景気低迷による個人消費の落ち込みで売上が大幅に減少するなど厳しい環境が続いていることから、百貨店としての営業継続は困難と判断し今回の決定に至った。
今後は2012年9月末の賃貸借契約満了をもって契約を更新しない方針で、閉店時期の詳細については改めて明らかにするとのこと。

◆東証1部上場のゲームソフト大手「スクウェア・エニックス・ホールディングス」は、2011年3月期通期連結業績予想を下方修正し、当期純損益が120億円の赤字に陥る見通しを明らかにした。
景気低迷による個人消費の落ち込みやゲーム業界の競争激化に伴い、のれんの減損損失として88億円、ゲームソフト・タイトルの選別による開発中止損などとして45億円、東日本大震災により被災したアミューズメント施設の復旧費用など災害損失として6億円、そのほか固定資産除去損などを含め合計160 億円の特別損失を計上することから、純損益では従来の黒字予想を一転し赤字見通し。



【コメント】
今回閉店が決まったデパートは、地域のみならず日本を代表するデパートだったが、この不況下では、もはや老舗の名前も通用しなかった。スクウェアエニックスは、会社発足当時、ファイナルファンタジーをドラゴンクエストという、それぞれ人気コンテンツを持つ会社の合併で話題を呼んだが、開発ゲームの不評やネットゲームやアプリの波に押され、巨額の損失・赤字を計上した。

枝野官房長官発言で銀行株急落
枝野官房長官の東電融資債権放棄発言で、後場銀行株が売り気配となり、東電も7%ほどの急落を演じており、証券界、金融界から、『枝野官房長官はなんという常識外の発言をするのか。民主党は金融市場を混乱させるだけの政党か』という呆れて物も言えないという声が聞こえてきます。


東電には大銀行だけでなく地銀、信用金庫、信用組合も融資をしており、経営基盤の弱い金融機関の経営を直撃することもありえる発言であり、早急に訂正なり撤回する必要があると言えます。

電力不足という言葉に騙されないで
現在の社会のように、エアコンがんがん入れて真夏にもスーツネクタイで仕事をするようなことはエネルギーの浪費に他ならず賛成できませんが、原発推進するために事故を起こした途端に計画停電をやって、原発がないと電力不足になると国民を騙すような政府や東電の態度を許すわけにはいきません。メディアを使って今年の夏は電力不足だとのキャンペーンをやりはじめましたが騙されてはいけませんよ。

そもそも計画停電にしても、やらなくてもいいことでした。電気が足りないとどれほど困るか国民に体験させて原発が必要なことを教え込むために行われたのです。その証拠に計画停電など止めても電力は足りています。お馬鹿層だけがやっぱり原発がないと困ると思っただけです。電力不足キャンペーンで、まだ真夏でもないのに、あちこちでは節電しています。私が困っているのは足が痛いのに、エスカレーターがどこも止まっていることです。出不精がますます引きこもりになっています。

活字中毒でどうしても新聞読まないと朝が来ないという人は東京新聞に切り替えてください。東京新聞はいいよ。このことをすっぱ抜いた記事を書いているので紹介します。

【特報】 satou氏より
東電また“情報操作” 「電力不足キャンペーン」にモノ申す
2011年5月12日
 中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)の停止決定を機に、またぞろ「電力不足キャンペーン」が始まった。中電による電力融通の打ち切りが理由のようだが、「こちら特報部」の調べでは、被災した東京電力広野火力発電所(福島県広野町)が七月中旬にも全面復旧する。そうなれば真夏のピーク時も電力は不足しない。国民を欺くような“情報操作”の裏には、なおも原発に固執する政府や電力会社の姿勢が垣間見える。 (佐藤圭)

まあ、いくら私が吼えたところで無能な癌内閣では東電に丸め込まれて改革など夢のまた夢ですが、それが国民には電気料金の値上げという形になってくる。震災復興も重なって増税ということにもなりかねない。国民は踏んだり蹴ったりです。これを機会に東電は解体して電力について見直すべきだと思いますがね。

原発事故賠償金の国民負担を少なくし電力料金引き下げも可能な処方箋を示そう 高橋洋一

プランBでは、東電は解体されるが、その過程で、事業や資産の売却が行われる。

 たとえば、5兆円以上の資産として東電のBSに計上されている送電網を売却して、賠償金の原資とすることができる。そうなると、電力自由化のキモである送電と発電の分離を実務上同時に達成できるのだ。

 電力が地域独占というのは経済学の教科書にもあるが、それは電力事業のためには巨額な設備投資が必要だから、自然独占になると説明されてきた。ところが、電力事業を発電と送電に分けると、そのロジックは送電に当てはまるが、発電は最近の技術進歩によって当てはまらなくなった。

 ということは、電話では電話網を開放していろいろな事業者を新規参入させたことによって電話料金が低下したように、送電と発電を分離し、送電網を開放し発電では新規参入させたほうがいい。日本でも、エネルギー関係や他の公益事業など多くの業者が発電での新規参入を考えている。

 送電と発電の分離によって送電網を開放することは、欧米では当たり前だ。しかし、日本では送電網の開放が不十分で電力発電の新規参入が少なく、電力料金は国際的にも割高になっている。

 かつて日本の電力料金が高いのは停電がないからだと豪語されていたが、今は無計画な「計画停電」があるので、そんな強弁もできない。また、省エネに役立つスマートグリッドが日本で進んでいないのは、送電網が開放されていないからだ。

 日本経済の将来を考えれば、電力料金はすべての産業の基盤になり、それが国際的に高いのは、日本の産業の国際競争力を低下させるので不味い。

 政府案のように東電温存・送発電の分離できず・電力料金引き上げという道をとるのか、プランBのように、国民負担を少なくするとともに、東電解体・送発電の分離・電力料金引き下げという道をとるか、という日本経済にとって重要な岐路である。

ブログ・ランキングに登録しています。お読みになって、よかったと思われたら、バナーのクリックをお願い致します。

2011年5月13日 0時9分
東京電力が、福島第一原発のなか仕事をする作業員の確保に難渋、暴力団に依頼して、やっと3000人を調達、「死の原子炉」に投入、大半は5年以内に確実に死ぬ運命に

◆〔特別情報@] 板垣氏より
 東京電力が、福島第一原発のなかで仕事をする作業員の確保に難渋しているようだ。これは、福島第一原発ないの瓦礫撤去を請け負っている竹中工務店が、このところ「闇の世界」(はっきり言えば、暴力団、言うなればヤクザの方々)に作業員調達に躍起しなっていたという情報が入ってきた。

再び金融危機が勃発する可能性が高い。 高層マンより 「財務省が11日発表した4月末の外貨準備高は前月末に比べ195億2400万ドル増え、1兆1355億4900万ドル(約92兆6600億円)となった。10年半ぶりの日米欧協調介入で残高が増えた3月に続き、2カ月連続で増加。昨年10月以来、6カ月ぶりに過去最高額を更新した。ユーロの対ドル相場上昇でユーロ建て資産の評価額が膨らんだほか、金利の低下で米国債など保有債券の時価評価額が上昇したことが影響した。
これまでの外貨準備の最高額は昨年10月の1兆1181億ドル。9月に日本政府が6年半ぶりに単独介入した影響で、残高が膨らんでいた。その後は4カ月連続で減少したものの、3月18日の協調介入で、日本が約6925億円の円売り介入を実施し、外貨準備が急増。3月末の残高は過去2番目の高水準に上昇していた。
4月は介入による外貨準備高の増加はなかったものの、為替や金利の相場動向で、保有資産の時価評価額が膨らみ、6カ月ぶりに過去最高水準を更新した。日本の外貨準備高は世界第2位の水準。第1位は中国で、3月末に初めて3兆ドルを突破した。」

震災復興資金の原資について、消費税などの増税を主張する一方で、トンチン菅は米国ドル購入に余念がないワケなのだ。先々にいっているように、外為特会の原資は、余剰資金ではなく、政府短期証券という借金証書を金融機関に引き受けさせ資金調達した上で、米ドルを市場で吸い上げるのだ。だから、構造上必然的に国内資金は市場から吸い上げられ米国に移動するワケだから、国内資金不足の原因となるものだ。4月末の外貨準備高は政府によるオペレーションの結果、1兆1355億4900万ドル(約92兆6600億円)となっているのだが、米ドル80円の時価評価であるが、実際の簿価は120円以上であって、約140兆円以上の日本の米国に対する資金供与となっており、米ドル下落伴い、33%以上の含み損を押し付けられているのだ。この外為特会140兆円は、実態として、市場で買い付けされた米ドルは再び日本に回収されるのではなく、そのまま米国債で換えられ、米国内で凍結されることになってる。だから、実質的に米国に対する資金供与だと私は言っているのだ。つまり、二度と日本国内には返ってくることのない「不良資産」なのだ。CIAトンチン菅政権がいかに日本国民の利益からすれば無能そのものであっても、実は米国にとっては、いかに都合のいいオペレーション下の奴隷政権であるかを示しているのだ。大震災復興のために原資を巡り、臆面もなく「増税」を主張するが一方で、堂々とトンチン菅は米国からの命令そのままに、米国の不良資産を国民負担に振り替えているのだ。逆に、米国にとっては、日本から資金を吸い上げるためのトンチン管+7奉行政権なのであって、その用ができなければ、早々と退陣を命ぜられていただろう。日本主権を目指す小沢に対する政治とカネ問題をでっち上げ、「不条理」とまで堂々と言いのけたトンチン菅直人が、実は外国人から政治資金供与を受けており、政治資金規正法違反容疑で告発されても、なお、平然と政権を続けられる理由は、米国権力層がトンチン菅続投を命じていたからだ。親米奴隷である前原は同様に政治資金規正法違反容疑で告発されているが、小沢に対する動きとは打って変わって検察の動きが全く緩慢なのは、先にもいっているように、地検特捜部自体がCIA傘下組織であり、米国からの指示待ち族であるからにほかならない。日本国民の血税で成立する政治行政司法権力が実は米国権力に支配されているのだ。同様、米国権力の実態とは、米国国民ではなく、300人委員会であることは、先にも示している通りであって、実際に大衆が勝手に思ってる民主主義などという制度は単に見掛け倒しの張子のトラなのだ。このような構造を前提に、米国は日本に対し、好き勝手な戦略をやりたい放題に実行することができるのだ。世界で一番米ドルを所有する外国は中国だといわれるが、それは国際的信用流通性のない通貨である中国元を米ドルでペッグしているからであって、米ドルと一体化させるために、中国政府は中国国内で発生する労働価値を米ドルで交換続けるしかないからだ。しかし、実際に中国で活動する日本企業などの決済通貨が米ドルであって、実態として米ドルを必要としているのは、中国政府ではなく、中国で生産活動をする日本企業なのだ。これら世界で活動をする日本企業の保有する米ドルと日本政府が保有する米ドルの総額は1000兆円を超えているのであって、実は、世界一の米ドル保有大国は日本なのだ。逆に、米ドルの輪転機を支配する国際金融資本所有のFRBにとっては、日本は攻撃のターゲットだろう。来月の6月にはQE2(Quantitative Easing 2)は終了し、1カ月あたり約750億ドルのペースで合計6000億ドル分の米国債の追加購入による現ナマばら撒きオペは終わるのだ。これにより、世界中の投資家の米ドル、米国債の売り物の受け皿が消滅することになる。FRBの大量保有する米国債やインチキ合成債券などは売却しようにも買い手が付く道理はないのであって、QE2後は、QE3か米ドル米国債暴落しか出口戦略はないのであって、もはや時間の問題でしかない。3・11災害テロに続き、6・11金融テロ勃発が現実化することになる可能性が高いだろう。

posted by 田舎人 at 09:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

田舎の日記 大きな変動前夜

2011年05月11日3号機の温度(220度)
3号機の温度が220.3度に上昇してきています。
限界温度に達するのにあと何日残っているでしょうか?

問題は限界温度と保安院が認めている300度を超えて何が起るかです。
もし、溶融が起り再度水素爆発が起れば、どれだけの高濃度の放射性物質が放出されるか分かりません。
そしてこの水素爆発が、1号機から4号機に連鎖すれば、取り返しのつかない事態に陥ります。

既に再度避難の準備をされている方も出てきたと言われていますが、今一度、避難経路の確認をするべき時かも知れません。

限界温度300度を東電は防げるでしょうか?

国・地方の借金1,000兆円突破(財務省発表)
日経新聞は国の借金が924兆円に達しており、昨年度41兆円増、最悪になった、と報じています。

この借金の内訳は以下の通りです。

1)国債       758兆5690億円
2)借入金       55兆 58億円
3)政府短期証券 110兆7847億円

公的借金には、地方債残高(200兆円)が加算されますので、実際には1,124兆円に達していることになります。
ただ、3)の政府短期証券の110兆円で<外貨準備高>を積み上げていますので、これは相殺できると計算できますので、1124兆円から110兆円を引き1,014兆円が本当の借金となります。

ここでこの報道をみますと以下のような記載があります。
『日銀統計によると家計金融資産と負債の差額は1100兆円程度。数年内には政府の債務残高が家計の純資産額を上回る可能性がある』

国民金融資産は1500兆円と言われていますが、ここから負債を引けば実際に金融資産は1100兆円としているのです。
(実際には、この1100兆円の中にも「保険」も入っており、これらも引く必要があります)

国・地方の借金が1014兆円となり、国民が保有します資産が1100兆円となれば差額は100兆円もありません。

毎年50兆円近く借金が増加している中、2年後には完全に日本国民の金融資産を「没収」しましても、帳じりが合いません。
*実際には住宅ローン等不動産資産部門で含み損を抱えていますから、純資産は1,000兆円もない状態になっている筈です。

いつ、日本国政府がギリシャのように2年国債利回り20%超となりましても、不思議ではありません。

◆ロシア、北方領土軍事要塞化!2011年5月11日



ロシア国防省、北方領土の軍事要塞化を計画
ロシア国防省は11日、北方領土に駐留する部隊の増強計画案を近く国家指導部に提出する方針を明らかにした。

 大統領が承認する見通しだ。国後、択捉の両島に新たに2か所の軍事拠点を構築し、移動式対艦ミサイルシステムなど最新鋭兵器を配備する内容で、ロシアは北方領土の軍事要塞化に踏み出すことになる。

インターファクス通信によると、ロシア軍のニコライ・マカロフ参謀総長は、今年後半にも軍備増強に着手するとし、「2014年か15年までに駐留部隊は近代兵器を装備した全く新たなものに変貌し、戦闘能力は数倍向上する」と言明した。

 北方領土には、移動式対艦ミサイルシステム「バスチオン」や、「上陸部隊」を想定した防空ミサイルシステム、対戦車攻撃ヘリが配備されるという。一方、約3500人とされる駐留兵士は増員しない方針だ。【読売新聞 21:15】



先日、上海機構軍事合同演習やロシアの軍事パレードなどお伝えしてきたが、ここに来て、やはりロシアの動きは活発化している。

北方領土の軍備増強は、対日本というより米国への圧力となるだろう。


ビンラディン殺害後、「テロとの戦い」は終わりを告げ、国同士の対立が深まっていくことになろう。

かつての大戦は、北半球の国を中心として行われ、冷戦も東西の北半球の対立であったが、今やアフリカ、南米など南半球も参加する可能性もある。

いわば、地域ブロック化が進み、その域内の異質なものを排除し、ブロック圏の防衛を図ろうとする。

ここにおいて、市場原理主義的資本主義から、ブロック経済へと移行する公算が高くなる。

その意味で統制経済をとる中国やロシアが強みをもつ。

いずれにしても、現在の資本主義体制は崩れていくことは必至であり、すでにそのプロセスは始まっているのである...。

菅直人首相の発言の裏  浅川氏より

  浜岡原発

この前、中部電力は菅首相の要請を受け入れて、浜岡原発の全面的停止を発表した。結構なことである。

ただ心配なのは、菅首相が唐突に停止要請を出した裏事情である。表面上は東海地震の発生の確率が、今後30年以内で87%と高いことを上げているが、全面停止まで要請するからには、何か他に情報を得ているのではないかと、思いたくなってくる。

地震予知連絡会も多額の資金提供を受けていながら、なんら予知らしい予知を出来ずにいるだけに、内密に情報提供をしている可能性はあるかもしれない。

それとは別に、ネット上で最近、東海地震や東京での地震発生のニュースが飛び交っているようで、私の下にも頻繁にメールが寄せられて来ている。しかし私は今、講演会の合間を縫っての次作本の原稿書きで、寝る間もないほどなので、それについてのコメントを書いている時間がない。

発信元がしっかり確認できない限り、この種のニュースに振り回されることは避けた方がよさそうである。多くの人がへたに恐怖心を持つだけ確率を高くしてしまうので、気になる方は、不安になったり恐れたりせずに、大難を小難にと祈っておかれたらいかがだろうか。

ただ、東海地震や東南海地震の発生の確率が高くなってきていることは間違いないようなので、前回も書いたように、物心両面の準備はしっかりしておかれることは大事である。そのためにも、2009年8月16日の「近づく東海地震」と18日付の「転ばぬ先の杖」を読まれて、しっかりした心構えだけはしておいて頂きたい。

5月8日に新宿上空に出現したUFOの大群がユーチューブで流れている。これは間違いなく乱舞するUFOの姿だと思われるが、それがすぐに地震の発生に繋がるなどと心配せずに、新しい世界の到来を前にして宇宙人の存在を知らしめる一環だと考えておかれたらどうだろうか。

ただし今後、こういった現象が東京に集中して起きるようだと、何らかの予知の可能性もあるので、一応頭にだけは入れておかれたらと思っている。画像は下記ユーチューブで見ることが出来る。

http://www.youtube.com/watch?v=d7xz08ONn7g

説明文には次のような内容が書かれている。

「目撃&撮影場所は北新宿3丁目です。20名を超える人数で目撃しました。最初の目撃時は100機くらいいるんじゃないか!? という大群でしたが、段々移動しながら減り、撮影時には20機くらいに減りました。映像でも数機編隊になっているのが映っています」

 マシュー・ワードのメッセージ(45) 武山氏より
http://moritagen.blogspot.com/2011/05/blog-post.html

 マシュー君のメッセージ(45)が森田玄氏のサイトで翻訳・アップされました。今回は大変短く、僅か12の項目しかありません。しかし、内容はとても中身の濃いものです。

 マシュー君のメッセージについて、それを信じろとか、確かだとか言う積りはまったくありません。しかし、私の直感では充分信ずるに値するものです。

 ウサマ・ビンラディンの暗殺については、当初から胡散臭いと思っていましたし、人間の持つ二本のDNA鎖についても、以前から別の情報源でそれが24本であった、という事は知っていました。人体の基本の構成要素が炭素からケイ素=シリコン系置き換わる、というのはまったく解りませんが、原子量12の炭素から、原子量28のケイ素に置き換わるというのは充分考えられる事です。

 元素の周期律表から言うと、炭素とケイ素は同じ仲間であり、原子構造で見ても共通点が多いのです。

 しかし、今の人類の科学知識では、その事がどういう意味を持つのか、まったく想像できません。まぁ、これもスピリチュアルな面から見ると、興味ある事項かも知れませんが…。

posted by 田舎人 at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月11日

田舎の日記 東京にUFO

新宿の上空でUFOの大群 武山氏より
http://www.youtube.com/watch?v=d7xz08ONn7g&feature=youtu.be
 今日はあまりニュースになる情報がないな、と思っていた矢先、つむじ風ブログがこんな情報を伝えてくれました。
 先日の福島原発の爆発の際にも、はっきりとUFOの姿が捉えられていました。これを否定するのは勝手ですが、一方で何かが地球に迫っている、というのは考え過ぎでしょうか。
月11日を境にして世界は変わった! 武山氏より
 今日は3月11日を境にして世界が変わってしまった事を書いて見ます。
 この事についてヒントになるのが旧ソ連のチェルノブイリ原発の爆発事故です。当時、ソ連の為政者たちは余りの事故の凄まじさに手を施す余裕さえなく、まず最初にやった事は事故そのものを隠蔽してしまおう、とした事でした。その点では、日本の現民主党政権も同じ様な手法を取っています。
 その後の成り行きは、爾後の様々な検証によって明らかにされたり、あるいは明らかにされて来なかったり、様々です。ただ言える事は、国家そのものが結局崩壊して存在しなくなった事です。これは、誰もほとんど言及していませんが、実に多くの国民を見殺しにして、犠牲者の数字さえ明らかにされて来なかった為のカルマの清算に他ならない事です。
 この事については異論も当然あるでしょう。しかし、数百万人を超える人達の命が失われた事は確かです。
 翻って日本の福島原発の事故はどうでしょうか。いまだその事故は継続中であり、犠牲者の数がどれほどになるのか見当もついていません。確かなのは、チェルノブイリ事故とそれほど変わらないか、場合によってはそれ以上の犠牲者を出す事も考えられる事です。
 しかし、チェルノブイリ事故以上に重大な事があります。それは、この事故が未曾有の規模を持つ地震と津波災害を併せて起こし、ひょっとしたら人工地震がきっかけであったかもしれない事です。
 つまり、その事が事実であるなら、この世界は重大な局面を迎えているという事になります。要するに、この世界は、いま現在、光の勢力と闇の勢力との争いの最終局面にあり、世界規模で起る時代の転機=ターニングポイントに差し掛かっているのではないか、という事です。
 事は原発利権に関わるだけではありません。世界が闇の勢力によって牛耳られるか、新しい「黄金時代」を迎えられるかどうか、の瀬戸際にあるという事です。
 そして、多分、光は勝利するでしょう。それは単なる勧善懲悪ではありません。完全に新しい世界に移り変わるための言わば「脱皮」なのです。
 勧善懲悪は二元論に過ぎません。既に我々は二元論的世界を「卒業」する間際に来ているのです。言わば、地球は3次元の世界から5次元の世界に上昇する時期に来ているのです。
 私は凡人ですから、3次元世界から5次元世界になる事がどういうものなのかは分かりません。単に次元が増える訳ではないようです。突き詰めて言うと、存在の振動数がべらぼうに上がる事のようです。
 その時、原子力とか、放射能とかは、新しい世界では存在しようがないという事は確かのようです。つまり、闇は一掃され、まったく新しい世界が、猛烈に高い振動数のもとで始まる、という事らしいです。
 いずれにしても、我々は新しい来るべき新世界の振動数に合わせて生き残るしかないようです。
 では、生き残れない人はどうなるのか。その事ははっきりしませんが、別な、地球とまったく同じような3次元世界が用意されていると言われています。
 言える事は、我々はとんでもない峻別の時代に生きているという事です。まさに、3月11日を境にして世界は変わったのです。ひょっとしたら、資本主義経済も、日本の政治システムも、あるいは世界の勢力地図も、まったく様変わりするかも知れません。
 戦争がなくなり、いずれ国境線が解消され、貧困が撲滅され、世界は平和の元に、ひとつの地球市民として機能し始めるのかも知れません。




原発情報 初期症状について 金ちゃんより
へー。
素晴らしいですね。風評被害解消のために福島の野菜の即売会だそうです。


文部科学省が公表したデータでもチェルノブイリを超える土壌汚染が明らかになっているのに。
ものともしない現代の神風特攻隊。
勇ましい。。命知らずばっかりだ。
第二次大戦で死んでいった本当の神風特攻隊の人達は草葉の陰で涙していることでしょう。

前に書いた飯山一郎さんという方のサイトに気になる情報がありますた。
(※もちろんこれは極端な例を言っているだけかもしれません。各自が判断してください)


--------------------------------------------------------------------------------
この1ヶ月,私の朝は携帯電話の着信音で始まる.
ほとんどの着信電話は乳酸菌の培養の話で,楽しい会話になって終わる.
しかし,この10日間は楽しくない電話が多い.メールも楽しくない.
鼻血や茶黄色の痰や下痢の話が多く,体調不良をうったえる声が暗いのだ.
今朝のメールは次のようだ.
はじめまして。××××といいます。
今は北海道にいますが、昨日まで10日ほど東京にいました。
鼻血も出ましたし、あまり体調がよくありません。
飯山先生のお力を借りたく連絡させていただきました。
米の磨ぎ汁の乳酸菌培養に失敗してしまいました。
成功するポイントがあれば教えてください!
それと毎日磨ぎ汁を保存した方いいのでしょうか?
その場合、ペットボトルに日にちごとに分けた方がいいのでしょうか?
他に何かあれば教えてください!お願いします!
肥田舜太郎医師も大変に心配されておられる.
私が一番心配しているのは…元気な者を含めて、放射線の病気が始まって
くるのは、おそらくこの秋から来年の春にかけてたくさん出てくるだろう。
東北では、下痢がはじまっています。
(被ばく者の)最初の症状の一つは下痢が始まりです。
これは今の普通のお薬では止まりません。
東京板橋の某大手病院の救急救命センターでは,被曝症と断定せざるをえない
患者が増えているという.
大手病院を回っているプロパー(製薬会社の営業部員)からも同じ話を聞いた.
放射性物質が肺に吸引されたことによる内部被曝症.これは日本の医療システムに
とっては完全に未知の領域で手に負えない事態なのだ,とも.
--------------------------------------------------------------------------------


初期症状として言われているのは鼻血はもちろんですが、訳もなく疲れる、異常に眠いなどの倦怠感、喉のイガイガ、痰そして下痢などのようです。

まぁ、松原照子さんが言うように9000万人ぐらいまで人口が減るんでしょうね。

今、目には見えないがサバイバルが始まっている。
スピルリナや、炭や、ゼオライト、乳酸菌、はたまた味噌、玄米食、醤油、古来からの日本の発酵食品。
とにかくありとあらゆる手段を駆使して生き残るしかないのでしょう。
広島、長崎でも生き残った人はいっぱいいた。今、やれることをやりましょう。

もうこういう即売会に行くような人達。
命知らずの特攻隊志願者を説得している暇はないのかもしれません。

本当にありがとうございました。

2011年05月10日 低音より
〔写真〕茨城県に「黄色い雨」が降った
648 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(茨城県)[sage]
投稿日:2011/05/10(火) 15:05:20.69 ID:Zw4vpfro0 [1/4]
ただいまー
今日ウチの方では黄色い雨が降った(´;ω;`)
3月の時は花粉だろpgrしてたんだが…5月に黄色い雨ってなんぞ?orz
ガイガーは持っていないので測れない

2011年05月10日低音より
埼玉県の中学校で複数の生徒が昼食前に「突然の下痢」
46 名前:名無しさん@お腹いっぱい。(埼玉県)[sage]
投稿日:2011/05/10(火) 14:54:36.67 ID:O0WxEQNS0

今日、中2の息子が下痢で学校から早退してきた。
保健の先生から電話があり、学校内で同じ症状の子が複数出ているとのこと。
1年生の子の中には、お漏らししてしまった子もいて、とのこと。
急な下痢で間に合わなかったらしい。
熱や咳などの他の症状は出ていません。
柏、三郷、流山などのホットスポットに近い市に住んでいるので、
なんだか怖くなってしまった・・・。

原発停止の影響が全国規模に2011年5月10日


電力不足、全国的な問題に 浜岡原発停止で融通厳しく

中部電力浜岡原発の全炉停止は、中部電だけでなく、東京電力や九州電力にも影響が及んでいる。電力会社は隣接していなくても、「玉突き」のかたちで電力を融通し合っているためだ。

 東京電力は発電設備の復旧や新たな電源確保を急ぐ一方、中部電などから100万キロワットの融通を受ける予定だった。ところが、浜岡の停止で中部電は東電に融通できなくなった。東電幹部は「100万キロワットが飛んだら、どこから持ってくるのか」と焦る。

 菅政権は東日本の電力需給対策を10日に決める予定だったが、延期の方針。中部電から東電への融通ができなくなり、見通しが変わる可能性があるためだ。

 電力各社は、普段から電気を融通し合っている。電気事業者などでつくる電力系統利用協議会が、電力会社間で融通できる送電能力を公表している。

 中部電から東電に送ることができる電力は103万キロワット。公表された送電能力は「目安」で、もっと大きな電力を流せることもある。だが、中部電から東電への送電は、周波数を60ヘルツから50ヘルツに変える周波数変換所を通す必要がある。いまのところ103万キロワットが送電の限界だ。

 海江田経産相は中部電に原発停止を要請した後、関西電力に東電への電力融通を依頼した。関電から中部電への送電能力は250万キロワット。このうち東電に玉突きで100万キロワットを渡すと、中部電の取り分は150万キロワット。北陸電から30万キロワットの融通を受けると、7月の中部電の供給力は2795万キロワットに高まり、計算上は夏のピーク時に9%の供給余力を確保できる。

 もっとも、融通は余力があることが前提。しかし、西日本の電力各社にいま、余力があるとはいえない。

九州電力は、中部電から40万キロワットの電力融通を5月から受けているが、浜岡原発の停止で融通が打ち切られることになった。九電は玄海原発2、3号機の再開見通しが立たない。

 定期検査に入った原発は東日本大震災後、まだ全国で1基も運転を再開していない。福井県内に11基の原発を持つ関電は、3基が定期検査で停止中。さらに3基が定検に入る。幹部は「再稼働できないと関電も厳しい」と打ち明ける。

 余力の確保には原発の再起動がかぎを握る。それには地元自治体の理解が欠かせないが、福島第一原発の事故で住民には不安が広がっている。

【朝日新聞 16日 0:35】

IKE_SYO 池 正
tokaiamaがリツイート
地震前兆か→東京湾内のシリヤケイカ(コウイカ)ですが過去に例を見ない程の釣れっぷりになっております。まさに大爆釣です!範囲は川崎から横須賀に至る沿岸なら連日爆釣で昨日も大黒では50杯以上釣る人もいて施設のHPにも『異常事態です!』とあるほど。5/9釣りブログ


siroiyamaneko 白い山猫
tokaiamaがリツイート
吉村昭の三陸大津波を読んだ人ならおわかりだろう。地震の2、3日前異常な大漁で漁村が賑わった@tokaiama 地震前兆か東京湾内のコウイカですが過去に例を見ない程の釣れっぷりまさに大爆釣です!範囲は川崎から横須賀に至る沿岸なら連日爆釣昨日も大黒では50杯以上釣る人もいて異常事態


東アマ
今朝の非常体感の結果、太陽風フレアが活性化しはじめたので結果が容易に出る。平成23年05月10日19時19分 10日19時14分頃 茨城県沖 M5.4 震度3




posted by 田舎人 at 08:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

田舎の日記 感動!!!

これは本当に感動した! http://www.youtube.com/watch?v=trOeB0oX8_w&feature=player_embedded

トウカイアマより

2011年05月09日3号機の温度(200度突破)
3号機の温度が202.1度にまで一気に20度以上上昇してきています。
マスコミでは温度上昇としか述べていませんが、実際には危機的レベルともいわれる200度を突破したことで新たな段階に入ったことになります。


.2011年05月08日日本は危ない国?
今回の浜岡原発運転中止要請ですが、理由として『巨大地震確率87%』とされており、この確率は浜岡原発だけでなく、東海道新幹線にも向けられており、海外で『東海道新幹線は危ない』と判断されましてもおかしくはありません。

もし震度6以上の地震が新幹線走行中に起これば脱線転覆となりましてもおかしくはありません。

今回の浜岡原発運転中止要請は、日本政府が世界中に『日本に巨大地震が迫っており危険である』と宣言したのも同様であり、原発放射能汚染問題以上に日本の評判を落とすことになったのは確かです。


もし運転中止要請が浜岡原発の耐震性だけの問題であればまだ良かったのですが、地震確率云々と言い出した段階で、完全に誤った判断だったと言えます。


おそらくろくに検討せずに総理から発表されたために、事務方が慌てて後から適当な理由をつけたために齟齬が生じたのでしょうが、あまりにもお粗末すぎると言えます。

巨大地震確率87%と国が正式に発表した国に誰がくるでしょうか?

★トヨタ、トリプルパンチ!2011年5月 8日 21:00


前回の記事で、浜岡原発全面停止による影響について触れたが、昨日の産経ニュースでさらに具体的に述べていたので、お伝えしておく。




自動車集積の中部製造業にトリプルパンチ

中部電力浜岡原子力発電所が、稼働中の全面停止を要請されるという異例の事態で、電力供給不足懸念が現実となれば、中部地域の製造業に打撃を与えることは確実だ。特に主力工場が集積する自動車最大手のトヨタ自動車は、部品調達難による減産、円高、海外市場でのシェア低下などの問題を抱え、電力確保が新たなリスクとして重くのしかかる。

 トヨタはおひざ元である愛知県など、中部地域に9工場を持つ。国内に17ある工場の半数以上だ。

 トヨタは、東日本大震災への対応として、東北地域の2工場で、平日2日を休業とし、代わりに土曜、日曜を稼働させる「業界輪番休業」で、東京電力管内で予想される電力供給不足に対応する方針だ。

 今回、中部電力でも電力不足になる可能性が高まり、トヨタは「輪番休業を(中部でも)やらざるを得ない」(トヨタ幹部)として検討を余儀なくされた。その場合、「休日出勤手当などが必要で、コスト高を強いられる」(自工会首脳)と負担になる。

 トヨタは、震災による部品調達難で、国内工場の稼働率は約5割にとどまる。本格回復は「11月〜12月がめど」(豊田章男社長)と、業績への圧迫も懸念される。

 減産の影響で、稼ぎ頭の北米、中国市場でのシェアを落としている上、5月に入って一時1ドル=79円台をつける円高と、激しい逆風にも見舞われている。ここに中部地域の電力問題で、コスト増が加われば、業績への打撃は大きくなる。

 中部地域には、スズキやホンダなどの自動車完成車工場、自動車部品メーカー、ヤマザキマザックなどの工作機械メーカー、ソニーのテレビ工場など、大型工場が集積している。

 中部電力の電力供給の約4割は大規模工場を抱える製造業など大口向けが占め、電力供給不足が現実となれば、各社にとって深刻な問題となる交通の大動脈である東海道新幹線への電力供給も問題視される中、物流を含めて、影響が日本全体に広がることは避けられない情勢だ。【産経ニュース 5月7日 20:49】



製造業が集積する中部・東海地域は日本経済の動脈ともいえる。中部電力の電力供給の4割が大口の企業であることからも、経済への打撃は大きいものとなる。

トヨタの苦境が示されているが、リーマンショック、大震災、原発のトリプルパンチを受け、低迷、凋落する企業が後を断たなくなるであろう。

大震災後の日本は、世界恐慌の毒牙に真っ先に餌食にされたかのように沈みこみ、やがて世界経済の破局をもたらす災禍へと発展していくことになろう・・・。


ピラミッド型社会からネットワーク型社会へ satou氏より
利己主義(市場原理主義、自由主義)の時代から利他主義の時代へと変わっていくことを書きましたが、これからはこの世の仕組みも力のある者が弱い者を支配するピラミッド型の社会から、自立した個性が互いにネットワークで結ばれた社会へと変わっていきます。支配者にとって都合のよい現在の仕組みが壊れていくのを私たちは体験しているのです。

はからずも今回のような大震災に見舞われた日本の情況を見ているとよく分かります。政府が無能さをさらけ出す一方で、国民は自分に出来ることを見つけて被災者との痛みを分かち合う人々が増えています。被災された人々も援助を待っているだけでなく、自立に向けて動き出しています。新しいコミュニティーも生まれようとしています。人々は目覚めの時を迎えているのです。

宇宙の仕組みはネットワークになっています。宇宙とは意識エネルギーの海だといってきました。根源から放たれた意識エネルギーはそれぞれが分離されているのではなくネットワークで繋がっています。それが法則に従って絶え間なく運動しているのです。私たち人間の本質も霊という名の永遠の意識エネルギーですから宇宙と繋がっています。言い換えれば宇宙は魂のネットワークのようなものです。

魂は常に成長を求めていますから、個を得た魂は学ぶために波動の低い世界で体験を積みます。それが今までの地球の役目でした。この星は二元性の世界ですから、光があれば闇があり、理性を持っていても感情を押さえることはできません。これらの性質を教材として未熟な魂たちは地球という物質世界で転生し成長していったのですが、地球という星もまた意識体として成長していますから、これまでの役目を終えて三次元世界から上昇しようとしています。

波動の上がった世界で生きていくためには、意識を自分に向けるだけではなく、他との繋がりの中で考えないといけないのです。意識は物質ではありませんから、広げる気持ちがあればどこまでも拡張することができます。自分から家族へ、地域へ、国へ、世界へ、そして究極的に自分が宇宙の一員であり繋がっていることを意識することで生き方が変わります。

私たちはこの宇宙の一大イベントを見守り体験するために生まれてきているのです。この試練を乗り越え目覚めた人々は再び三次元の世界に生まれてくることはありません。

2011年5月8日 17時9分  板垣氏より
静岡県の浜岡原発運転停止を中部電力に要請した菅直人首相は、日本統治権のすべてを米国対日工作担当者のマイケル・グリーンに握られてしまっている

◆〔特別情報@〕
 静岡県御前崎の浜岡原発のすべての原子炉の運転停止を中部電力に要請したした菅直人首相の決断を「大英断」と高く評価する声がある。外面的に言えば、確かに「大英断」である。

posted by 田舎人 at 08:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

田舎の日記 未曽有の不況

未曽有の不況への備えを
4月30日までの震災関連倒産が66社に上っていると信用情報会社が発表していますが、この数字はかなり控えめであり、被災地である岩手、宮城、福島では倒産手続きすら出来ない企業が多数存在していると言われています。


4月30日時点の被災地の倒産件数は10社で倒産総件数からすればわずか15%に過ぎません。
56社は関連倒産となっており、これは日本国中に散らばっています。


政府は被災地だけに目を向けていますが、震災・原発関連倒産は日本国中に広まってきており、ゴールデンウイーク後、レジャー関連、消費関連企業を中心に倒産の嵐が吹き荒れるかも知れません。

さらに東電不況も想定しておくべきだと言えます。今回の事故で東電社員の夏のボーナスは昨年の836,000円から401,000円に半減することもあり、東電社員の消費はまず無理であり、さらには交際費はほぼ全額カットになるはずであり、銀座、新橋、有楽町あたりの飲食店はかなりの打撃を受けることになります。


日本列島に倒産の嵐が吹き荒れるかもしれず、各企業は与信管理には最重点をおいてください。

★上海協力機構、不気味な動き2011年5月 7日

昨日、アルカイダがビンラディン殺害に対するた米国への報復声明を出したが、アフガニスタンの旧支配勢力タリバンも、「ビンラーディンの殉教は侵略者に対するジハード(聖戦)に新たな勢いをもたらすことになる」などとして、アフガン駐留の米軍やNATO軍に対し徹底抗戦することを宣言した。(読売新聞)


報復テロが起きることに世界中が警戒しているが、これを口実としている動きがある。




上海協力機構、反テロ演習を開始

中国紙「法制晩報」によると、中国新疆ウイグル自治区で6日、中国、ロシアと中央アジア4か国で構成する上海協力機構の反テロ合同軍事演習「天山2号」が始まった。
ビンラーディンが米軍に殺害され、報復テロの懸念が国際的に高まる中、人質救出とテロリスト掃討を想定して行われる演習は、中央アジアに拠点を置くイスラム過激勢力をけん制する狙いとみられる。(読売新聞 6日 22:43)



中東アジアにテロ組織があることは以前から知られているが、アルカイダは反米英イスラエル勢力であり、米国の同盟国に大使、報復テロが起きる危険性が高い。

ロシアなどでもテロは起きているが、これはロシアの圧政に対する少数部族のたちの反抗という構図がある。その意味で、中国中央政府とウィグルやチベットの対立と似ている。

勿論、その反政府勢力が国際テロ組織の協力を受けている面はあるが、要はアルカイダという国際的な組織はなく(一説ではCIAがつくった名称と言われる)、各国の反政府組織がゲリラ的に世界中に散らばっているだけである。(従って、アルカイダの声明は捏造である可能性がある)タリバンが報復、聖戦をしようとしているのも、アフガンの米NATO軍に対してである。

このような観点みれば、上海協力機構軍の演習は、単なる報復テロ対策の目的ではないだろう。大規模な軍事演習はそれ以前から計画されており、今回で2度目となる演習である。

「天山1号」は06年8月に行われており、同様にウィグルとカザフスタンで行われた。その後、ウィグルやチベットの騒乱やキルギスの動乱、グルジア紛争が中央アジアで起きている。

共にテロ組織とは無縁であり、内政問題である側面があるが、この上海機構軍の演習には違う目的が存在しているであろう。

すなわち、「ユーラシア連邦」の軍隊である。

ロシア、中国、中央アジア、場合によってはインドまでも包摂する一大共栄圏を想定した動きなのだ。

「テロとの戦い」が変貌し、大国同士のぶつかり合いとなれば、これまでのテロ組織は意味をなくし、ゲリラ部隊として利用されることになろう。

いずれにしても、911テロ後の世界は、新たな局面を迎えようとしていることは事実である...。


ビンラディン殺害とは? 武山氏より
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20110507-00000932-fnn-int
 私は、実はこの事にあまり触れたくないかったのです。しかし、いつかはこの事を書いておかなくてはならないとも思っています。
 それは、911テロは完全な内部犯行であり、それを実行した連中はその事が表沙汰になると、その時は、自分たちの地球支配が終わる時である、と良く知っているからです。
 アルカイダが犯人ではありません。この事件は、イラクとアフガニスタンに戦争を起こし、究極の目的は石油利権の確保と、宗教の対立を煽る事です。
 今日のニュースにも、イスラム諸国でビンラディン殺害に対する抗議が起きています。しかし、この抗議は実に胡散臭いものです。イラクやアフガニスタンで自爆テロが一時期よく起りましたが、この実態を我々は余り知らされていないのです。
 ウサマ・ビンラディンは単なる操り人形に過ぎません。911事件の内幕をよく知る必要があります。
米政府トップ内部告発者:ビン・ラディンは2001年に死亡・9・11は内部犯行 ロックウェルより

在りし日のビン・ラディン

◆5月7日

 元国務次官補代理だった、スティーブ・R・ピーゼニクが、ビン・ラディンは2001年に死亡し、また9月11日同時多発テロは内部犯行である、と語ったと言う。

 既に上記の件では5月3日号の「オサマ・ビン・ラディンは二度死ぬ」や、5月5日号の「ビン・ラディン殺害報道の背後にある計画」で示したことではあったが、改めて信頼できる筋からの証言が出てきた、ということになりそうだ。

 ビン・ラディンの死因は「マルファン症候群」ということは、ここではじめて目にする病名だが、2001年にアフガンのトラボラ渓谷のどこかで死亡した、ということはこのピーゼニクも語っている。

 そうするとアメリカのSEALが殺害した人物は一体誰だったのか、という問題が出てきそうだ。ビン・ラディンのダブルだとか、兄弟だとか、いろいろ考えられるが真相は藪の中だ。妻や子供もいるから、どんな証言が出てくるのか・・・このままビン・ラディンが殺害された、ということで収まるのか・・・

 もしも以下にあるように、元国務次官補代理のピーゼニクが本当に議会や法廷で証言した場合、事態はどう展開するのか興味深いが、そのような事態になるかどうか、将来のことは分からない。ただし、このように、隠されてきた事柄が明らかにされる時代に入ってきたことだけは確かであろう。そしてその傾向はますます強まることだろう。

トウカイアマより
私が元旦に書いたもの【2011年、今年は、我々の滅亡を、自分たちの五感で思い知らされる運命が待ちかまえているはずです。地上で、疫病、戦争、饑餓、原発巨大事故、地殻変動、噴火や津波などで恐ろしい数の人たちが次々に死んでゆく姿を見せつけられることでしょう 】本当の本番はこれからだ。

利己の世界は大都市のソドムに向かう。利他の人は一目散に逃げるしかない。良心ある人は、みな都市を離れて過疎の田舎に逃げ出し大家族で手を携えて生きてゆく。心なき人は利己に未練、都市の地獄に向かう。逃げよ逃げよすべての都市(ジュネーブ)から、決して振り向くな!

アマもすべて正しいわけじゃない、みんなと同じ人間だからしょっちゅう間違える。デマ飛ばしとか文句のある方には、ただちにブロックをお勧めしてる。あなたのために書いてるわけじゃない。私も即座にブロックします。今後、日本人は利己と利他の真っ二つに分裂する。もう交わらないんだよ

posted by 田舎人 at 09:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

田舎の日記 ビンラデン緊急声明

2011-05-02胡散臭い、ウ(オ)サマ・ビンラディン殺害の緊急声明!! ツムジより
今頃、唐突に・・・
窮余の策のようなラディン殺害の声明!!
余程、何か騒動を起こしたい、したい、したい・・・・
深層心理が読み取れる・・・・。
 オサマ・ビンラディンはとうに死んでいる。何度も書いてきた。(@、A)

 だからといって、固執するつもりは全くないが、如何にもこのタイミングで殺害という話は、シナリオ臭くて胡散臭い。それを真に受けると思ってのことか?

しかし、アメリカでは大騒ぎ????、 これもヤラセだろう。グランドゼロでの騒ぎは格好の映像プロパガンだろう。

狙いは何か?

 一騒動も、二騒動も起こしたい魂胆がミエミエである。
お陰で、東証が値上がりしたようだ。それを見れば分かる。簡単に表現すれば、『在庫一掃感謝セール』を起こしたくてたまらないのだろう。オバマもその筋に乗せられている。

確実に消滅する軍産複合体、国際金融詐欺集団の最期のお祭りに焦りに焦った田舎芝居と断定する。

【転載開始】
ラディン暗殺:オバマ大酋長の緊急声明?


オバマ大酋長の緊急声明?

叔母魔:「え〜外見が黒人なのでロックフェラーの爺さんが大統領に選んでくれた叔母魔です。勿論、母方はスエーデン系白人で元米国共産党員ですので、隠れユ●ヤ人です、はい。で、今回、米国経済が崖っぷちで、対日地震テロも中途半端で失敗したので、CFRが焦って新たな作戦を指示してきました。」

「つまり、イスラム社会のヒーローであるビン・ラディンを殺したことにして、イスラム勢力の怒りを誘発し中東を大至急戦争状態に追い込みたいのです。すぐにでも大戦争にならないともはや米ドルが持ちませんので。勿論、ラディンは隠れユダヤ人でCIAのエージェントですので、殺しません。適当に選んだダミー
を殺して偽装します。」



「勿論、イスラム勢力がビン・ラディンの弔い合戦にすぐに出てくれるわけではないので、モサドとCIAがイスラムゲリラを偽装して、「アルカイダ」という架空の戦力の名を騙り、米軍施設やイスラエルなどにインチキテロを仕掛けます。911内部犯行方式ですね。その上で、イスラエルを巻き込んだ中東大戦争を引き起こし、米ドル破綻騒ぎを何とか誤魔化そうと考えております。世界の馬鹿の皆さん、騙されてください。お願いします。」

駄目だこりゃ。やる前からばれてるよ。ちゃんちゃん。(与太話でした。)

【速報】米国がウサマ・ビンラディン容疑者を殺害/遺体も確保 【社会ニュース】 2011/05/02(月) 15:56  
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0502&f=national_0502_162.shtml

米中枢同時テロを首謀した国際テロ組織「アルカイダ」の指導者、ウサマ・ビンラディン容疑者が死亡したと、米CNNは1日報道した。

マスコミ各局のニュース速報によると、米国がウサマ・ビンラディンを殺害したことが判明した。この情報は日本でも速報として伝えられ、多くの人たちが驚きを隠せずにいる。

詳しい情報は不明だが、今まで幾度となく死亡説がささやかれていただけに、この公式発表は衝撃を与えている。現在わかっている情報は少ないが、パキスタン・イスラマバードにある譲許地区でウサマ・ビンラディンを殺害したと報じられている。

このウサマ・ビンラディン殺害に関してアメリカ合衆国大統領は記者会見を開くとのこと。新たな情報は会見で手に入りそうだが、たとえどのような内容だったとしても世界に大きな衝撃を与える内容であることは確かだ。(情報提供:ロケットニュース24)【転載終了】


2011年05月02日巨大地震雲の出現
現在、夕方5時30分で車で浜名湖を通過したあたりですが、海側から東名高速道に向かうような形で巨大地震雲が見られます。

3月11日前にも同じような地震雲が発生しており、一応警戒は必要だと言えます。
posted by 田舎人 at 08:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

田舎の日記 ガン検診の不思議

2011年05月01日公務員の給与10%削減
今回の震災復興費用を確保するために、国家公務員の給与を10%削減とするとの案が出てきていますが、これは地方公務員の給与引き下げにも発展することになります。

地方自治体は地方公務員の給与引き下げに反対するところも出てくるでしょうが、国は交付金を減らすことで、地方公務員給与引き下げを命じることになるはずです。

国・地方合わせて1兆円余りの引き下げ効果があるでしょうが、これで公務員が汗をかいているとして次には、
消費税の引き上げにつながるのでしょうが、このような政策は更なるデフレ要因を増やすだけです。

物価がじわりじわりと上昇してきている中、収入が減る公務員が広がってくれば、公務員不況が市場を襲うこともあり得ます。


現代は浄化の時代であり、カルマの清算の時代である   武山氏より
 今日は日曜日でしたが、国会も参議院で予算委員会が開かれるなど慌ただしい雰囲気の日曜日でした。

 しかし、このような時こそ、偶には立ち止まって、じっと時代を振り返り考える時間を持ちたいものです。

 最近、特に話題になっているのが脱原発、あるいは反原発の動きです。これはなぜ起きているのか、多くの人が観念的に捉えているに過ぎないと私は思います。それは、世の中がすべて金儲け主義に走ることへの反省だと思いますが、果たしてそれだけでしょうか。

 考えて見るまでもなく、我々は資本主義の時代に生きています。資本主義とは、世の中をカネで動かす時代だと言えます。ところが、この資本主義が根本的に行き詰まって来た、とは言えないでしょうか。即ち、カネを持っているものが世の中のすべてを動かし、自由気ままに出来る、という事ですが、どうもそれが叶わなくなってきたのではないでしょうか。

 原因は、原発にあります。つまり、原発は一端事故を起こすと、どれほどカネが自由になろうが、どれほど権力を持っていようが、どうにもならないのです。

 そういう意味で、今こそ資本主義は破綻したのだ、と言えるのです。今の東電の取っている苦闘と原発災害に立ち向かっている姿を見ているとその感が強くします。東電の社長や会長が年間どれほどの報酬を得ていようが、そんなものはものの役には立ちません。彼らは例えば一年間の報酬を無にしても直ちに原発事故が終息するのなら、躊躇なくその報酬を擲ってでも原発事故を終息させる方を選ぶでしょう。

 ところが、それは叶わぬ願いなのです。人類のテクノロジーはまだ完全に原子力をコントロールする所には至っていないのです。これは資本主義などという人類の主義主張を超えた、遥か遠くの所に存在するテクノロジーなのです。

 ここで、振り返って見てください。我々はとんでもない袋小路に落ち込んでしまったのではないのか、と。

 この問題は、資本主義はもう終わった事を示しており、次なる時代へ移行すべき時を迎えているのです。即ち、パラダイムの大転換です。

 そして、この時代には我々がこれまで行って来た事、戦争や生命の虐待、自然を蔑ろにして来た事、それらのすべてのツケを始末し、カルマの清算を迫られているのだと思いませんか?

 我々はいま、生みの苦しみを味わっています。来るべき新時代は、素晴らしい時代になる代わり、その時代に適合しない、人間や諸制度は次々と淘汰され、滅びて行く運命にあるのだと思われませんか?

 そういう意味で、今は大変残酷な時代であり、急速に移り変わって行く過酷な時代なのです。

 つまり、世論調査を行っても、約半分の人が原発の存在は仕方がない、出来る事なら共存共栄を図って行くしかない、と思っているのは頷けます。理解する、しないは関係ないのです。これは、、こう思っている人は次の時代に生き延びて行けない事を示しているのです。

 我々は大きな岐路に立たされています。この時代には妥協というものは存在しないのです。ただ、受け入れるか、受け入れないか、の違いだけなのです。容赦なく時代は動いています。厳しく言えば、もう地球は限界まで来ているのです。地球は生きた存在です。現在に至るまで、地球は人間のなすがままに赦し、その行為を認めて来ました。それが化石燃料の濫費であり、原子力エネルギーの濫用だったのです。

 今度の福島第一原発の事故はその象徴でした。もし今度の事故が無事終息しても、後に残った膨大な原発廃棄物、即ち死の灰はどう始末するのでしょうか。我々は、その問題を突き詰められたまま、新しい時代をく迎えなければならないのです。

 資本主義が破綻しているもう一つの理由は、エネルギー問題です。人類は儲けに繋がらないエネルギーはテクノロジーとして認めず、徹底的に排除して来たのです。その象徴が、化石燃料であり、原子力なのです。聡明な天才たちは今から100年以上も前に既にそのテクノロジーを開発して来ました。世の資本家たちや権力者たちは、その事実を必死になって隠蔽し、庶民から隠して来ました。いまや、それが綻び出したのです。

 原発はもう終わりです。これから先、人類は直ちに世界各地に存在する原子炉を停止し、放射能の拡散を止めなければなりません。その方法は必ず見つかります。要するに、この事態を認めるか、認めないか、しかないのです。

 時代の変化は容赦なくやってきます。我々は、それを受け入れるか、受け入れないか、しかないのです。
恐ろしげな科学的発見:太陽からの神秘的放射が物体を変性させる

太陽はその活動の極大期に向かっている ロックウェルより

◆5月1日

 このブログで伊勢白山道の指摘した内容を時々、紹介してきた。今回の記事の内容はその伊勢氏の指摘する内容を裏付けるかのような、重大な内容だ。

 伊勢氏の指摘する内容に絡む記事で、4月16日号の「伊勢白山道にみる大陸移動期に入った我々の生き方」、4月12日号の「伊勢白山道から見る人類進化とヒトラーの予言 」、4月10日号の「伊勢白山道から見るこれからの地球と日本」などが関連する情報である。

 キーワードは太陽フレアであり太陽嵐で、その超巨大版が近い内に地球を襲うことにある。問題は、その太陽フレア(太陽嵐)の放射が地球と人類を含む地球のの生物にある影響を与える、という点にある。

 特に人類にとっては、突然変異からなる種の進化のような事象が生じる可能性が語られている。丁度かつて地上を闊歩していた恐竜たちが、超巨大太陽フレアの直撃を受け、心臓麻痺で突然に絶滅したことで、恐竜時代の終わりと哺乳類時代の幕開けという進化が見られたように、今の人類は、ヒットラーが予言したような、超人をも超える「神人」という「進化」した人類の出現がなされる、ということに、この超巨大太陽フレアが一役買うというのである。

 そして現代の科学は、現在の太陽が今まで人類には知られていなかった未知の神秘的な力を持っていて、それが、時間の速度を速め、物体を変性せしめ、生命の性質さえ変化させるかもしれない、と気付き始めているう。つまりこの「未知の太陽の力」が、伊勢氏の指摘する、「太陽霊光」であろう。

 問題は、それが既に地球に到達してきている、ということだ。太陽は今年、来年、再来年で活動の極大期を迎える。その時、超巨大太陽フレアーの発生とその放射、そこに含まれる「未知の太陽の力」つまり、「太陽霊光」が大量に地球に届く。その時、人類は、この未知ではあったがいまや知られつつある太陽の神秘的な霊光の前で、願わしい「進化」の方向を辿れるのか、あるいは逆にあの恐竜のように、次の地球の時代を担う要素を持たない存在として、地上から淘汰されることになるのか?

 人類がかつて経験したことのない、とんでもない時代が始まりつつある。世界の科学者も固唾を飲んで事態の推移を見詰めるばかりである

ガン検診、受けた人ほどガンになり 02:30
早死にする! 

あなたの心のなかにあるガンに対する“知識”や先入観。それは製薬メーカーや病院、政府(厚労省)、マスコミによって刷り込まれたものです。

“かれら”は年間約15兆円(推計)ものガン利権でつながっています。抗ガン剤はタダ同然、たんなる猛毒物質にすぎません。それが「抗ガン剤」と医薬品ラベルをペロッと貼った瞬間に注射器一本(10cc)700万円(!)のダイヤモンドに化けるのです。この“悪魔の錬金術”がガン利権のすべてを物語ります。

そうして“ガン死”とされるひとびとの約8割は猛毒抗ガン剤、有害放射線、不要手術の“三大療法”で命を奪われているのです。「毎年34万人がガンで亡くなっている」と厚労省は発表します。しかし、その8割、27万人は猛毒抗ガン剤などによる重大副作用で“殺されている”のです。

 ガン検診を受けた人ほどガンになり早死にする。時空研より

?胃ガン、大腸ガン、乳ガン、子宮ガン検診も有害無益です。

?肺ガン検診で発ガンした最大理由はレントゲン検査時のX線被ばくです。

ところが肺ガン検診に比べて、胃ガン集団検診でも被ばく量は6倍。バリウム検査のX線被ばくは300倍です。さらに大腸ガンのバリウム検診は、そのまた3倍…!。

?人間ドック検診は多量X線被ばくで二次ガンを増やします。

?子宮頸ガン・ワクチンは「無効」で死者が続出しています。

 子宮頸ガンはウイルスで発症する…と政府(厚労省)は150億円もの予算を請求。しかし「子宮頸がんワクチンは全く無効。ウイルスは弱すぎてガンを絶対に作れない」(鶴見隆史医師、鶴見クリニック院長)。ワクチンは防腐剤など毒物エキスなので「120人の少女に接種して4人死亡」など死亡事故が続発しています。

?ガン検診の「要精密検査」「告知」などの恐怖で発ガンする。

 ガンを防ぐのは免疫細胞の一種NK(ナチュラルキラー)細胞など。かれらは、がん細胞を攻撃する頼もしい味方です。これら免疫細胞は、精神力(気力)が落ち込むと比例して減少します。ひとびとは「ガンは死病」と頭に刷り込まれ洗脳されています。検診の不安でこれらNK細胞は減少し、逆にガン細胞は増殖する。さらにガン告知の衝撃を恐怖で気力10分の1になりNK細胞も比例して激減。ガン細胞は比例して激増!検診はガンを防ぐどころか不安ストレスを煽り、ガン激増に一役買っているのです。

?赤ん坊から年寄りまで毎日約5000個ガン細胞が生まれている。

 最近のガン検診は「ガンを細胞レベルで発見する」といいます。ところが、近年の研究で赤ちゃんから老人まで、だれでも毎日平均5000個のガン細胞が生まれていることが判っています。それでも健康なのはNK細胞などのおかげで、成人なら体内に数百万から数億個のガン細胞があるのが「正常」。細胞レベルの「ガン検診」をするなら、ガン細胞が見つかるのもあたりまえ。すると、うむをいわさずガン患者のレッテルを貼る。こうして健康な人が“ガン患者”にでっちあげられ抗ガン剤で“毒殺”されているのです。

?老衰で大往生したお年寄りの8割にガンがあった!

?ガン細胞検診では8〜9割の「シロ」が「クロ」にされている。

?「早期胃ガンが6〜7年変化しないことは専門家の常識」なのです。

「早期胃ガンを6〜7年間放置してもほとんど変化しない」「胃ガンを放置したら2倍になるのに最長8年もかかった」。これらは医者の常識。それは他のガンもおなじ。だから「ガン細胞が見つかった!即手術」と急かせる医師はサギ師にひとしい。

?ガンはストレスと気力で大きくなったり小さくなったりしている。

      平和共存を乱しガンを悪性化

「ガンが胃、甲状腺、前立腺、乳房など、身体のどこかに潜んでいる人は非常に多く、詳しく調べれば、過半の人にあるはずです。見方を変えれば、人々はすでにガンと共存し、共生しています。密かに共生しているものを、暴きたてようとすれば、どこかに無理がくるわけです」

 ところが、現代のガン検診は、これら平和共存しているおとなしいガンも、人相が悪いとすべて“悪性”のレッテルを貼って、猛毒抗ガン剤、有害放射線で総攻撃する。当然ガン細胞は反抗ガン剤遺伝子(ADG:アンチ・ドラッグ・ジーンズ)を変化させて兇暴化する。寝た子を起こすとは、まさにこのこと…。

「検診」「治療」セットの病院は絶対行くな

 患者の命より病院の売上増。

X線検査は医療現場の“殺人兵器”である

 極めて危険でデタラメなX線検査。メンデルソン医師は「真っ先にやめるべきはレントゲン検査」という。彼は、それを“殺人へ行き”と呼ぶ。

    検査漬けの元凶、医師のノルマ漬け 

患者が病院で検査漬けになる理由の一つが医者のノルマだ。「ノルマ達成のための検査は、どの病院でも同じである。心臓学の実習生なら、認定までに心臓カテーテル検査を年間、最低150回から200回、ばあいによっては500回も行わなければならない」メンデルソン医師)

X線被ばくは肺の6〜300倍。大腸ガン検診は最悪900倍危険。子宮頸ガン・ワクチンは無効で死者続発!

有毒成分だらけで副作用続発する。X線検査の恐怖!欧米には人間ドックはない

 人間ドックは一種の脅迫ビジネス。次は地獄行き新幹線“のぞみ号”

ドッグに行くほど大量のX線検査でガンに

なる!

 X線被で二次ガンが増える。 

見つけてはいけないガンを見つけて悪性化

 健康者を病人に仕立てている!

 でたらめ診断で地獄のガン治療に引きずり込む

 米国ではガン“三大療法”を否定した。「でも、人間ドックはガンを発見してくれるじゃないか!」それでもあなたはドックを擁護するでしょう。ところが、ガン発見後の治療事態が、恐怖の殺人医療であることを、わたしはこれまで多くの著書で告発してきた。

たとえば「ガンで死んだら110番、愛する人は殺された」(五月書房)

 アメリカでは、1990年、代替療法に比べてガン“三大療法”は無力どころか危険でガンを増やし、患者の命を奪っていると断罪している。(OTAリポート)OTAは、抗ガン剤等の“有効性”を完全否定したのだ。この衝撃事実に対して、厚労省やガン学界は嵌口令を敷いて、いっさい秘密とした。

降圧剤―副作用はインポから心臓病、脳梗塞

そしてガン

 主作用は一つ、副作用は何十、何百。

 コレステロール低下剤―筋肉が溶け寝たきりに、死者は毎年1万人

 低すぎる220は“病人狩り”のため。そもそもメタボ基準値のコレステロール値220以上がペテンなのだ。浜医師は「コレステロールは生体に必要な脂質。240から260が最も健康で長生き」と指摘する。「そして「薬で下げるとかえって死亡率が高くなることが明らかになってきたという。

その根拠は、コレステロール値が高いほど長生きで、低いと逆に死亡率が高いことが証明されているからだ。年間1兆5000億円稼ぐコレステロール低下剤!コレステロール値を“毒薬”で、無理に下げるなど正気の沙汰ではない。まさに、それは狂気の愚行なのだが、マインド・コントロールされた人類は恐ろしい。

 言われるままに医師がすすめるままに、ほんらい毒物のコレステロール低下剤を、毎日、常用するようになる。

 かくして世界で最も売り上げが多い医薬品の商品名は「リピトール」。コレステロール低下剤で、世界最大の製薬メーカー・ファイザー社が製造販売している。その年間売り上げ額を聞いたら、あなたは驚倒するだろう。なんと邦貨で1兆5000億円…!


posted by 田舎人 at 10:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

田舎の日記 連休中は、注意せよ

2011年04月30日本当の日米関係
29日、ワシントンで開催されました日米外相会談は、当初1時間の予定でしたが、国務省側の要請で35分に短縮されたと報じられています。

しかも、会談後の記者会見では、ヒラリークリントン国務長官が今までにない態度を示しています。

********************************************
<報道>
会談後の共同記者会見でクリントン氏は、2問目となった日本記者団の今後の日米会談に関する質問に「2プラス2やほかの対話の機会を楽しみにしている」と短く答え、通訳の言葉を待たずに足早に会見場を去った

*********************************************

この日米外相会談では通訳が入って35分ですから、事実上ヒラリー国務長官が話していたのは17分しかありません。
しかも、お互いの会話ですから、日本側8分、アメリカ側8分という会話となります。
これで外交問題を話せるでしょうか?

事実上、アメリカ側は「会ってやった」という態度であり、完全に見下した態度になっています。

そこで、先のクリントン長官の訪日を見てみたいと思います。

「震災後の日本支援のための訪日」と言われていましたが、では以下はどうでしょうか?

最初の訪問国 韓国  滞在時間 17時間余り
次の訪問国   日本  滞在時間  4時間半余り

日本では「日本が中心の訪日」と報道されていましたが、実際には「韓国が中心のアジア訪問」だったことがこの滞在時間で分かります。

アメリカが日本を相手にしていないと分かれば、中国・ロシア・韓国は日本を攻撃してくるのは当然であり、
今、航空自衛隊の中国向けスクランブルが急増していると報じられていますが、そのうちに韓国へのスクランブルが急増してくるかも知れません。

日本のおかれた立場は危機的になってきています。

.80円突破の円高へ
一ドル81円15銭

NY市場では81円台すれすれまで円高が進んでおり、来週日本が休んでいる間に80円台突入もあり得る状況になるかも知れません。

日本では殆んどが円安論であり、これで大方の個人はFX取引で<円売り・ドル買い>ポジションを組んでいますが、この個人のポジションが積み上がった今、専門家はじわりじわりとこれら個人潰しを仕掛けてきています。
一ドル80円突破となれば、一ドル76円を突き抜けてくるはずであり、60円台も視野に入ってきます。

FX取引をしている個人は全てを失う事態に陥るでしょうし、また企業も膨大な為替含み損を計上する事態に陥ります。

また、株式市場を見ますと【東電】への個人の空売りが積み上がってきていますが、外資が一貫して買い続けており、市場で大口の売り物が枯渇してきているとも言われており、「これ以上安く買えない」と買い手が判断すれば一気に1,000万株単位の買いを入れ、ストップ高に持ち込み、売り手の個人を絞めあげる動きになるかも知れません。

為替でも株式でも投機に手を出した者は徹底的にむしり取られるのが常であり、今後の展開は果たしてどうなるでしょうか?

◆シリア崩壊で最終戦争が始まる・・・2011年4月30日
シリア情勢が緊迫している。

EUが治安部隊によるデモ弾圧を非難し、シリアに対し武器禁輸措置の準備開始を決定した。同国政府の資産凍結や政府高官のEUへの渡航禁止などが含まれると見られている。





また、オバマ大統領は、 シリアのアサド大統領の弟や情報機関などに対して新たな経済制裁を発動する大統領令に署名した。

この制裁対象には、市民弾圧を支援しているとされるイラン革命防衛隊の精鋭組織コッズ部隊も含まれているようだ。



さらに国連人権理事会では、シリアを非難する決議案を賛成多数で採択している。

ただ、この採択に際し、47ヵ国の内、反対や棄権が21ヵ国に達している。

つまり、欧米主導の採決が行われたのであり、"人権"を盾にした制裁を発動できる環境をつくったとも言えるのだ。



昨日お伝えしたリビア情勢もそうであるが、シリアにおいても反政府側には欧米情報機関の支援や工作がなされていることが一部伝わってきている。

そして、政府側とイランとの関与が取り沙汰されているが、その背後にはロシアがいる。

地中海南下戦略上、重要な拠点がシリアだからである。



そして、政権崩壊後エジプトでは、シリアとの歩み寄りを強化している。

エジプトとシリアの間の挟まられたイスラエルにとっては脅威となりつつあるのだ。



シリア政権崩壊となれば、ロシアが動き出し、イランも連動してくるだろう。

親米イスラエルのサウジはイランの動きを牽制し、バーレーンに軍を派遣している。



次第に一触即発の状況へと中東は追い込まれつつあるのだ。

"現代の十字軍"ではないが、キリスト教圏国・ユダヤ教国とイスラム教国家との"最終戦争"が画策されているのである・・・。

TOP
◆2011/04/30(土)飯山氏より もっとサバイバル (6)
突然ですが,警戒警報 を出します.(情報拡散も!)
警戒すべきは,東電・福島の1号機.
現在,水素爆発する寸前!という状態です.
つまり,原子炉内,格納容器の圧力が下がって来ているのです.

  27日午後4時  0.14メガパスカル
  28日午前5時  0.125メガパスカル
  29日午後1時  0.105メガパスカル

0.1013メガパスカル(大気圧)以下になると,水素爆発を起こすと思って下さい.
つまり,格納容器の圧力が大気圧より下がると,酸素を含む空気が格納容器内に
入り込んで,水素爆発が起きます.

もし今回,水素爆発が発生すると,関東・東北は再度,放射能で汚染されます.
また.1号機の水素爆発で,2号機,3号機,4号機の爆発が誘発されます.
そうなると,関東・東北は最悪の状態になります.

この連休中は,浮かれないで,厳重に注意して下さい.

さいわい,1号機の水素爆発の心配が解消すれば,警戒を解けばいい.
用心深い,賢明な生き方(=サバイバル)とは,そういうものです.

◆2011/04/30(土)飯山氏より  不吉な予感
連日連夜,東電福島の事故った原発4基から,100兆ベクレル!という
途方もない放射性物質が放出され,それが放射能雲となって,大気中を
漂流している.
この放射能雲というのは,無数の放射性物質の超微粒子が気団となった
雲状の塊(かたまり)で,この気団が地上に降ると,その地域は一瞬の間
に,高濃度に汚染される.
しかも,地上に降った放射性物質の超微粒子は,金属の超微粒子なので
風が吹くと再度空中に舞い上がり,舞い散る….
このように,放射性物質(金属)の超微粒子が,関東平野の諸所,方々に
降り積もり,吹き溜まりをつくり,その汚染は日々高濃度になってゆく.
この汚染の進行は,今後数十年以上も止むことはない.
恐ろしいのは,放射性物質(金属)の超微粒子が,関東平野に住む人々
が呼吸によって肺臓内に吸い込まれ,体内被曝を昂進することである.
体内被曝は癌の決定的な病因であり,この病害は予想を絶することに
なるであろう.かくして関東は癌地獄の様相を呈することになる.
迫りくる現世地獄をかくも明確に予測断定できるのに,大多数の大衆は
想像すらせず,放射性物質が舞い散る街をマスクもなしに平然と行く….
嗚呼無常.隅田川が三途の川,岸辺は,賽の河原に見える….

小佐古教授とはどういう人物か? 武山氏より
http://d.hatena.ne.jp/samakita/20110321/1300697799

 小佐古教授とは、要するに御用学者の典型の人物のようです。で、何で内閣官房参与を抗議の上辞任したのか。

 そこが疑問なのですが、まぁ、いうならば飼い犬に手を噛まれたという事でしょうか。菅首相も、とんだ恥の上塗りをさせられた訳ですが、その理由は、菅氏は、そんな人物でさえ匙を投げるようなどうしようもない首相だという事でもあります。

2011年 04月 30日 イグチより

HAARPに地震波か?:研究用13みなさん、こんにちは。

いやー、復活したアラスカのHAARPモニターに久々に、かなり強い地震電磁波が出ているようである。カナダの地磁気モニター群と照合しても、これは日本の方角に来そうな感じのものである。かなり大きな地震には注意が必要かもしれない。

宇宙天気ニュース
2011年4月30日 21時30分
米国クエール元米副大統領が、今はむしろ「日本買い」の好機だと太鼓判、宮城県の村井嘉浩知事は、近い将来の首相の有力候補者に相応しい決断と実行力を発揮する

◆「特別情報@」板垣氏より
 フリーメーソン・イルミナティ情報(ニューヨーク発)によると、2010年秋ごろから予言されていたように、欧米の財閥(デイビッド・ロックフェラー、ジョン・D・ロックフェラー4世、ジェイコブ・ロスチャイルド、イヴリン・ロスチャイルド=英国ロンドン分家、ダヴッド・ロスチャイルド=仏パリ家当主)がいままさに、日本株や日本国債の「底値買い」の真っ最中だ。
posted by 田舎人 at 07:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月30日

田舎の日記 保安院全員!!!

■ 保安院全員アホ
ニカイドウより
上から読んでも下から読んでも、

”ほあんいん ぜんいんあほ”

↑拾いものだが、よくみんな考えるなぁ。これは傑作!
以下うちのSNSより。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/disaster/501881/

原子力安全委員 最短週10分の会議出席で年収1650万円

2011年04月30日1ミリシーベルトを守るべき(抗議の辞任)
内閣官房参与の小佐古敏荘・東大大学院教授(61)は29日、内閣参与を辞任する意向を表明していますが、その理由は以下の通りです。

小学校などの校庭利用で文部科学省が採用した放射線の年間被曝量20ミリシーベルトという屋外活動制限基準を強く批判し、「20ミリシーベルトという数値は、とんでもなく高い数値であり、容認したら私の学者生命は終わり。自分の子どもをそんな目に遭わせるのは絶対に嫌だ。
通常の放射線防護基準に近い年間1ミリシーベルトで運用すべきだ。

有識者が逃げ出した菅政権ですが、残るは茶坊主ばかりになるかも知れません。


.2011年04月29日警戒(水素爆発への備えを)
危険な状態が続いています【フクシマ・一号機】ですが、危機的状態に陥っており、水素爆発を起こす寸前にまで来ています。

27日午後4時 0.14メガパスカル
28日午前5時 0.125メガパスカル
29日午後1時 0.105メガパスカル

0.1013メガパスカル(大気圧)を下回ると水素爆発を起こす可能性が非常に高まるとされていますが、今や
気圧差が殆んどない状態になってきているのです。

専門家によれば、格納容器の圧力が大気圧より下がると、酸素を含む空気が容器内に入り込み水素爆発を起こす可能性があるとされています。

次回水素爆発を起こせば、関東圏は前回とは比べものにならない程の放射性物質に汚染されます。
そしてこの水素爆発が、2号機、3号機、4号機爆発を誘発することもあり得、そうなれば最悪の事態になります。

【フクシマ・一号機】の状況には警戒が必要であり、もし、爆発が起れば、即、「対応する」必要があります。

★北アフリカ情勢の構図2011年4月29日
昨日、モロッコの観光地マラケシュのカフェで自爆テロと思われる爆発事故で、16人死亡したが、地元治安当局はアルカダイダを含め国際テロ組織の疑いがあると捜査を行っているようだ。

ロイターによれば、死者の内訳は、6人がフランス人、5人がモロッコ人、残る4人が外国人で国籍不明、外国人を含む18人が負傷したているが、邦人は含まれていないことが確認されている。

気になるのは、ロシア非常事態省が、モロッコへロシア人のために医師を乗せた航空機を派遣したということだ。(「ロシアの声」より)

ロシアのこの素早い行動はなんであろうか。
一方、リビアとチュニジアが軍事衝突したという報も入ってきている。
リビア政府軍が、反政府軍を追ってチュニジア領土内に侵入し、チュニジア軍との戦闘が起きたということだ。

さらに、西アフリカのベナン共和国で行われたアフリカ諸国の王家や部族の代表者ら約20名による会合では、NATOに対しカダフィ大佐を国王として承認することを求めたという。
これらの動きの背景には何が動いているのか。



リビア同様、モロッコなど北アフリカにはアルカイダら国際テロ組織は多くが潜入しているとされる。また、リビア反政府軍の背後で米CIAが関与していることも伝わっている。
国連NATO軍は、実 質英仏軍である。

そもそもアフリカ諸国はかつての英仏の植民地である。
今、北アフリカで起きている構図は、"民主化"の名を借りた英仏による"再植民地化"である。
政権転覆後は、親英仏政権をうち立てることである。

それをアフリカ諸国が恐れており、これまでアフリカ諸国に原油権益から多額の融資などを行い貢献してくれたリビアのカダフィ大佐を国王として格上げし、アフリカの"独立"を守ろうとしているのである。
そして、この英仏(米も含め)の軍事行動に対し、"現代の十字軍"と批判したロシア・プーチンがおり、リビア開発を進め、頓挫した中国がいる。

リビア空爆の国連決議にロシア、中国などのBRICSとドイツ、アフリカ諸国は棄権しており、北アフリカ・中東情勢は、国連を二分しようとしているのだ。
世界が二大陣営となれば、やがてそれは大戦へと発展していくことになろう。

その前哨戦が今、北アフリカ・中東で起きている有事なのである...。

義援金、被災者の手許に届かない! 武山氏より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110429-00000792-yom-soci


 この実態を皆さんは良く考えて下さい。誰が、何が原因で、届いていないのか。すべて国が悪い訳ではないでしょうが、何かが狂っています。

 民間が集めた義援金でさえこの通りです。政府のカネ、東電の補償金がどうなるのか、推して知るべしです。地元の市町村の責任にするのは酷です。

 菅内閣の対応が遅く、また対応策に温かみがないのはこんなところにも表れています。


超強風(台風・竜巻・ハリケーンなど)時代に備えよう

◆4月29日 ロックウェルより

 アメリカで竜巻が収まらない。ここ4週間あまりで250以上発生しているようだ。死者の数も昨日までに259人となった。更に今回のアラバマ州を襲った竜巻のため、3基の原発が停止したという。オバマ大統領はアラバマ州に非常事態宣言を宣言した。

 3月11日の東日本大震災が一つの幕開けであったことは指摘した。日本で起きたことがこれから世界にいろいろな形で転写されていく、というのが伊勢白山道の指摘するところである。

 地球規模の天災時期の到来である。これは基本的には太陽活動の活発化が地球のコアを温めることから生じると言われている。電子レンジのように内部から温められるのである。これが火山の噴火、地震、そして今回のように竜巻の頻発などの自然災害をもたらす原因となるようだ。25日には千葉でも竜巻が起きている。このところ日本でも竜巻が起きる頻度が高まってきているようだ。

 このブログでは伊勢白山道のブログの閲覧を勧めてきたが、ここで改めて伊勢白山道の指摘する防災面での特に「強風」にかんする部分を挙げてみよう。

★*これからは強風や竜巻への対策が必要。鉄骨住宅などでは、外壁材や屋根材の剥がれる心配があります
★雷・竜巻・強風被害でも出る保険が必要です
★超強風への屋根の工夫
★超強風への対策が大切
★注意です。日本でも竜巻が増加します
★風速50〜80mを想像しましょう


今の天災は単なる物理現象以上の意味合いがあるという。

★考えて見ますと、近年の60年間とは、自然災害が少ない貴重な時代だったのです。本来のあるべき自然の姿では無かったとも言えるのです。
歴史を見ましても、富士山は何回も爆発して多大な被災者を現実に出して来たのです。
・・・これからは、津波の水害。超強風による風害。火山の火害への防災意識が大切です。水風火への対策です(ブログ子は、地震災害の「地」も入れるべきと考える。地水風火の四大だ。伊勢氏は単に忘れただけであろう。氏は3月11日からは大陸移動期に入ったと言っているのだから)。
 過去の先祖たちも経験した自然現象です。それを「経験した上で」私たちも存在するように、これからも何とかクグリ生きることが絶対に出来ます。
逃げ先を想定しない、考えて置かない、という無責任な態度が危険なだけなのです。
想定が出来れば、不思議なもので災害は来ないのです。
まるで自然(神)が、人間を観察しているようにです。
今の現状への感謝をしながら生きて行きましょう。−了−

 これはつまり、人間はこの大地の上に陽光を浴びながら、生かさせてもらっている、ということをしっかり認識し、そのような状況・環境を与えている自然に(つまりその自然を提供している精霊・神々に対して)感謝の思いで生きれば、よい、ということだろう。それが大難を小難に、小難を無難にすることになるようだ。

 人間がそのことに気付き、あるいは胸の奥深くまで至るほどまでに思い知るまでは、天災の猛威は留まることはなさそうだ。要するに神々を忘れ、あるいは無視し、ないがしろにして(誤解なきように、被災地の方々が神々をないがしろにしたから天災が襲った、ということではない。人類全般が、ということ)、「文明」なるものを築いてきた人類に、何が一番大切なものかを悟らせるかのように、天災は続きそうだ、ということ。


posted by 田舎人 at 09:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月29日

田舎の日記 テレビの表と裏

2011/4/28
テレビの表と裏  ひふみ神示
________________________________________
http://www.youtube.com/watch?v=c-7aIhFC30Q&feature=youtu.be#t=4m54s

2011年04月27日08:36 高層マンより   カテゴリ東京はぶっ飛ばされ炎上し、戦後経済はすべて清算されるだろう。「大阪、京都など近畿を中心とした7府県で構成する広域行政組織、関西広域連合は5月上旬にも、首都機能を関西に移転すべきだとの緊急提言を菅直人首相に提出する。東日本大震災で企業活動などが大きな打撃を受けたのは、東京への一極集中が原因と分析。広域連合に首都機能を移譲すれば、災害時のリスク分散などにつながると提案する。」

東京が日本の首都である法的証拠はないが、明治以降実態的に日本の首都は江戸転じて東京になってる。東京都とは、すなわち「ひがしきょうと」を意味するのだ。代々古代より日本の中心地は京阪神であって、天皇陵は99%が大阪、奈良、京都に点在しているし、あらゆる文化資産はすべて京阪神から作られたものだ。つまり、京阪神=日本なのだ。東京は東方の辺地に作られた疎開地のようなもの。しかし、現在に至り日本経済の急成長とともに大発展してきた。これは一重に日本の社会体制が行政主体であり、いわば、官僚主義国家であることが原因なのだ。東方の辺地に江戸幕府が作られ、次第に市場が拡大してきた地域だ。明治政府はこれに天皇を強制的に行幸させて、現在の江戸城跡に皇居を造作することにした。これを旗印に行政組織を一元化し、一気に東京一極社会を作ることに成功したのだ。しかし、現在の東京一極集中は、戦後1940年代以降のことだ。それまでは文化面、人文科学で京都が中心であって、工業、医学、鉱業などの技術は関西、九州、東北などに分散されており、映画、画壇、歌舞伎、大衆芸能などは京都、大阪などの勢力が大きかった。また、マスメディアの同様で、現在に至る大新聞である朝日や毎日は大阪出身メディアであり、全国に情報を発信する基地でもあった。一方、東京出身メディアは国民新聞などであって、読売新聞などは地方の倒産寸前の弱小メディアに過ぎなかった。要するに、東京一極集中の原因をたどれば、昭和30年後半の高度成長期における東海道新幹線開業にリンクするものであって、東京集中を求める官僚組織が規制造作でもって、文化経済の集中する大阪や京都から金融やメディアを東京に移管させ、カネと情報を東京集中させたことが原因なのだ。例えば、大阪に集中する家電大手企業が新商品を全国に発表しようとすれば、大阪のメディアで発表すれば済むものを、わざわざ東京まで出張して東京キー局から発信しないと全国に情報発信できない構造をつくってしまうのだ。大銀行にしても東京の大蔵省で続々と法的規制を発して企業行動を規制されると、常に東京にある大蔵省に何かとお伺いをたてなければならなくなり、東京で常に情報収集しなければならなくなる。通信事業やゼネコンなどの土木建築業などあらゆる分野で法的規制で縛られ、東京で情報収集が義務付けられるのだ。こうなると、国家事業を請け負う大企業は東京に本店を移管して、トップが常に東京に常駐しなければならない事態になってしまうのだ。大企業が東京に移転するとその傘下の中小零細企業もその大企業の城下町で暮らさざるをえなくなる。これが東京一極集中が連鎖した理由なのだ。それでも自民党時代は東京で集めたカネを地方の土木建設業者にばら撒くことで地方経済はそれなりに潤っていたのだ。ところが、80年代の日本経済の急成長でカネが日本に偏在したところ、宗主国であるはずの米国が金欠に陥ってしまったのだ。これで日本のカネは米国に強制移管されることになった。これが先の「自民党をぶっ壊す」といった小泉+竹中改革であって、目的は日本に偏在する富を米国が一方的に奪い取ることだ。結局、米国は日本のカネを強奪し、成長を何とか維持している状況にある。しかし、サブプライム危機で完全にピークアウトしてしまった。結果、日本の持っていた富はすべて欧米で消費され、実質的に不良資産だけが残されることになった。この大量の不良資産の顕在化を避けるために日本政府は日本国内を破壊しなければならなくなったのだ。これで起ったのが自然破壊を装った311テロなのだ。日米合同で東日本を大破壊する計画なのだ。米国の償却しきれない規模の大量の不良資産が顕在化する前に日米の国土を大破壊してしまうのだ。だから、今後東京首都圏は破壊されるのだ。福島原発は何かが原因で二次的事故が引き起り、再び大災害に突入するのだ。500兆円のGDPは強制的に300兆円まで縮小されることになる。米国本土でも同様に大破壊が引き起り、突如として超大国はぶっ飛んでしまうだろう。これで戦後経済体制はすべて清算されることになるだろう。同様、第二次世界大戦開戦も原爆投下も大都市攻撃もすべて体制を一度清算させるためだ。現在、極度に一極集中した東京首都圏では30%程度が集中しているのであって、これを一気に木っ端微塵に破壊することでGDPは一気に300兆円に減少することになる。東日本亡き後、西日本で再び日本を再生させことになるだろう。これで人口8000万人未満のダウンサイジングした日本になるのだ。

◆2011/04/28(木) もっとサバイバル (4) 飯山氏より
15歳の息子が頻繁に鼻血を出しているという母親から心温まるメールが届いた.
私は昨日,彼女のことを,
「まだ若い,覚悟という言葉の意味も知らないであろう女性である」
などと書いたが,とんでもない,立派な考え方と覚悟がある人間だった.
彼女からのメールに対して,私は次のような返事を書いた.
○○さん メールありがとう.
あなたの考え方,生き方,日常生活等々が,よーく理解できました.
あなたは,覚悟ができています.
あなたも,そして,あなたの息子さんも,大丈夫! たくましく生きていけます.
あなたも,そして,あなたの息子さんも,大丈夫! 長生きします.
私が保証します!
私は,文章を読んで,その文章の背後にある全て!
を理解することができるプロですから,
あなたが,覚悟ができた,したたかに生きていける人間であることが
わかりました.
これからも,何かありましたら,また相談してください.

私の心には,あの親子は本当に大丈夫だ!という自信のような思いがあった.
自信のほかに,安堵感もあった.
この母親に,私は「関東の厳しすぎる現実」を掲示板に書いて教えていたからだ.
「関東平野の厳しすぎる現実」を,私は,次のような文章で表現した.
(気が弱いヒトは,下の文章は読まないほうがいい.)
○○さん
関東・東北6千万人のうち,4千万人は,すでに体内被曝してます.
それほどの放射性物質が,この1ヶ月半の間に,降り,舞い散ったのです.
今も,放射性の微粒子は,連日連夜,関東・東北に降り舞い散っています.
今後も,何十年,いや百年後まで,放射性物質が舞い散り続けるのです.
関東・東北は,はっきり言います,放射能地獄なのです.
この悪夢のような現実を,日本人全員が甘く見ています.
こうなったのは,政府・マスコミ・御用学者が国民を騙し,洗脳したからです.
さて,体内被曝した4千万人の5割の2千万人が10年後までに放射能障害
(癌や白血病や骨肉腫)に罹ります.
つまり,関東・東北は,癌地獄になるのです.

鼻血が出ない=被爆していない,なんてことはありません.
鼻血が出るのは,鼻腔粘膜の弱い人です.
被爆しても,鼻腔粘膜が強い人は鼻血を出しません.

口呼吸している人も,鼻血を出しません.
口呼吸している人は,放射性物質が肺臓にストレートに飛び込みます.
ともかく体内被曝していると覚悟を決めたうえで,冷静に対処していく…,
つまり,マクロファージ=と免疫力を高めていきながら,しぶとく,たくましく
生き延びていきましょう.
以上.

上の文章にある「鼻呼吸」については,「鼻呼吸 1」 か 「鼻呼吸 2」を読んでほしい.

浜岡原発3号機を再稼働! 武山氏より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000099-jij-bus_all

 中部電力と政府幹部は何を考えているのでしょうか。浜岡原発は東海地震のまさに中心域に立地する、最も危険性の高い原発です。それを7月中までに再稼働させるとは、気が触れているとしか思えません。

 もしこれを強行するようなら、菅民主党政権は、完全に国民無視の独裁政権です。誰が何と言おうともです。こうなれば、必死になって我々は阻止しなければなりません。デモやクーデターを連発し、かのリビアのカダフィ政権も顔負けの戦術を取るしかありません。

減反 ニカイドウより
 農水省の草から連絡があった。

「福島県と千葉県は日本一米の生産過剰地帯で、農林水産省は長年減反させようとしてきたが、渡部恒三等の圧力により実現出来なかった。最近米が余りすぎてて牛に食わせていたがそれでも余っている。日本の農協系議員は食の重要性なんかまったくわかっていない。」

 ということだそうです。福島県で米が作れなくなって、むしろ農林水産省にとっては都合が良いようです。全水田の4割が余剰分らしいですので。

 でも、規制じゃなくて自由化して、どんどんやらせれば良い。つぶれてしまうところは潰せばいいと思います。休耕田や耕作放棄が増えれば農業技術の継承もないわけで、「非常時に米を作りまくる」という危機管理がベースになっているはずの減反・補助金政策は、現状のままでは意味のないものと考えます。であれば、その産業は転換して他の産業にするか、別の補助金の使い道にすべきべき(農業技術研修センターを作り、強制的に高校1年から2年間研修させるとか)であって、人の働いたカネで遊んで暮らせるような社会の到来・・・それも、政治的理由で・・・なんていうのは許されません。 農政連なんてのが未だにあるのが問題でしょう。

posted by 田舎人 at 06:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎の日記 テレビの表と裏

2011/4/28
テレビの表と裏  ひふみ神示
________________________________________
http://www.youtube.com/watch?v=c-7aIhFC30Q&feature=youtu.be#t=4m54s

2011年04月27日08:36 高層マンより   カテゴリ東京はぶっ飛ばされ炎上し、戦後経済はすべて清算されるだろう。「大阪、京都など近畿を中心とした7府県で構成する広域行政組織、関西広域連合は5月上旬にも、首都機能を関西に移転すべきだとの緊急提言を菅直人首相に提出する。東日本大震災で企業活動などが大きな打撃を受けたのは、東京への一極集中が原因と分析。広域連合に首都機能を移譲すれば、災害時のリスク分散などにつながると提案する。」

東京が日本の首都である法的証拠はないが、明治以降実態的に日本の首都は江戸転じて東京になってる。東京都とは、すなわち「ひがしきょうと」を意味するのだ。代々古代より日本の中心地は京阪神であって、天皇陵は99%が大阪、奈良、京都に点在しているし、あらゆる文化資産はすべて京阪神から作られたものだ。つまり、京阪神=日本なのだ。東京は東方の辺地に作られた疎開地のようなもの。しかし、現在に至り日本経済の急成長とともに大発展してきた。これは一重に日本の社会体制が行政主体であり、いわば、官僚主義国家であることが原因なのだ。東方の辺地に江戸幕府が作られ、次第に市場が拡大してきた地域だ。明治政府はこれに天皇を強制的に行幸させて、現在の江戸城跡に皇居を造作することにした。これを旗印に行政組織を一元化し、一気に東京一極社会を作ることに成功したのだ。しかし、現在の東京一極集中は、戦後1940年代以降のことだ。それまでは文化面、人文科学で京都が中心であって、工業、医学、鉱業などの技術は関西、九州、東北などに分散されており、映画、画壇、歌舞伎、大衆芸能などは京都、大阪などの勢力が大きかった。また、マスメディアの同様で、現在に至る大新聞である朝日や毎日は大阪出身メディアであり、全国に情報を発信する基地でもあった。一方、東京出身メディアは国民新聞などであって、読売新聞などは地方の倒産寸前の弱小メディアに過ぎなかった。要するに、東京一極集中の原因をたどれば、昭和30年後半の高度成長期における東海道新幹線開業にリンクするものであって、東京集中を求める官僚組織が規制造作でもって、文化経済の集中する大阪や京都から金融やメディアを東京に移管させ、カネと情報を東京集中させたことが原因なのだ。例えば、大阪に集中する家電大手企業が新商品を全国に発表しようとすれば、大阪のメディアで発表すれば済むものを、わざわざ東京まで出張して東京キー局から発信しないと全国に情報発信できない構造をつくってしまうのだ。大銀行にしても東京の大蔵省で続々と法的規制を発して企業行動を規制されると、常に東京にある大蔵省に何かとお伺いをたてなければならなくなり、東京で常に情報収集しなければならなくなる。通信事業やゼネコンなどの土木建築業などあらゆる分野で法的規制で縛られ、東京で情報収集が義務付けられるのだ。こうなると、国家事業を請け負う大企業は東京に本店を移管して、トップが常に東京に常駐しなければならない事態になってしまうのだ。大企業が東京に移転するとその傘下の中小零細企業もその大企業の城下町で暮らさざるをえなくなる。これが東京一極集中が連鎖した理由なのだ。それでも自民党時代は東京で集めたカネを地方の土木建設業者にばら撒くことで地方経済はそれなりに潤っていたのだ。ところが、80年代の日本経済の急成長でカネが日本に偏在したところ、宗主国であるはずの米国が金欠に陥ってしまったのだ。これで日本のカネは米国に強制移管されることになった。これが先の「自民党をぶっ壊す」といった小泉+竹中改革であって、目的は日本に偏在する富を米国が一方的に奪い取ることだ。結局、米国は日本のカネを強奪し、成長を何とか維持している状況にある。しかし、サブプライム危機で完全にピークアウトしてしまった。結果、日本の持っていた富はすべて欧米で消費され、実質的に不良資産だけが残されることになった。この大量の不良資産の顕在化を避けるために日本政府は日本国内を破壊しなければならなくなったのだ。これで起ったのが自然破壊を装った311テロなのだ。日米合同で東日本を大破壊する計画なのだ。米国の償却しきれない規模の大量の不良資産が顕在化する前に日米の国土を大破壊してしまうのだ。だから、今後東京首都圏は破壊されるのだ。福島原発は何かが原因で二次的事故が引き起り、再び大災害に突入するのだ。500兆円のGDPは強制的に300兆円まで縮小されることになる。米国本土でも同様に大破壊が引き起り、突如として超大国はぶっ飛んでしまうだろう。これで戦後経済体制はすべて清算されることになるだろう。同様、第二次世界大戦開戦も原爆投下も大都市攻撃もすべて体制を一度清算させるためだ。現在、極度に一極集中した東京首都圏では30%程度が集中しているのであって、これを一気に木っ端微塵に破壊することでGDPは一気に300兆円に減少することになる。東日本亡き後、西日本で再び日本を再生させことになるだろう。これで人口8000万人未満のダウンサイジングした日本になるのだ。

◆2011/04/28(木) もっとサバイバル (4) 飯山氏より
15歳の息子が頻繁に鼻血を出しているという母親から心温まるメールが届いた.
私は昨日,彼女のことを,
「まだ若い,覚悟という言葉の意味も知らないであろう女性である」
などと書いたが,とんでもない,立派な考え方と覚悟がある人間だった.
彼女からのメールに対して,私は次のような返事を書いた.
○○さん メールありがとう.
あなたの考え方,生き方,日常生活等々が,よーく理解できました.
あなたは,覚悟ができています.
あなたも,そして,あなたの息子さんも,大丈夫! たくましく生きていけます.
あなたも,そして,あなたの息子さんも,大丈夫! 長生きします.
私が保証します!
私は,文章を読んで,その文章の背後にある全て!
を理解することができるプロですから,
あなたが,覚悟ができた,したたかに生きていける人間であることが
わかりました.
これからも,何かありましたら,また相談してください.

私の心には,あの親子は本当に大丈夫だ!という自信のような思いがあった.
自信のほかに,安堵感もあった.
この母親に,私は「関東の厳しすぎる現実」を掲示板に書いて教えていたからだ.
「関東平野の厳しすぎる現実」を,私は,次のような文章で表現した.
(気が弱いヒトは,下の文章は読まないほうがいい.)
○○さん
関東・東北6千万人のうち,4千万人は,すでに体内被曝してます.
それほどの放射性物質が,この1ヶ月半の間に,降り,舞い散ったのです.
今も,放射性の微粒子は,連日連夜,関東・東北に降り舞い散っています.
今後も,何十年,いや百年後まで,放射性物質が舞い散り続けるのです.
関東・東北は,はっきり言います,放射能地獄なのです.
この悪夢のような現実を,日本人全員が甘く見ています.
こうなったのは,政府・マスコミ・御用学者が国民を騙し,洗脳したからです.
さて,体内被曝した4千万人の5割の2千万人が10年後までに放射能障害
(癌や白血病や骨肉腫)に罹ります.
つまり,関東・東北は,癌地獄になるのです.

鼻血が出ない=被爆していない,なんてことはありません.
鼻血が出るのは,鼻腔粘膜の弱い人です.
被爆しても,鼻腔粘膜が強い人は鼻血を出しません.

口呼吸している人も,鼻血を出しません.
口呼吸している人は,放射性物質が肺臓にストレートに飛び込みます.
ともかく体内被曝していると覚悟を決めたうえで,冷静に対処していく…,
つまり,マクロファージ=と免疫力を高めていきながら,しぶとく,たくましく
生き延びていきましょう.
以上.

上の文章にある「鼻呼吸」については,「鼻呼吸 1」 か 「鼻呼吸 2」を読んでほしい.

浜岡原発3号機を再稼働! 武山氏より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110428-00000099-jij-bus_all

 中部電力と政府幹部は何を考えているのでしょうか。浜岡原発は東海地震のまさに中心域に立地する、最も危険性の高い原発です。それを7月中までに再稼働させるとは、気が触れているとしか思えません。

 もしこれを強行するようなら、菅民主党政権は、完全に国民無視の独裁政権です。誰が何と言おうともです。こうなれば、必死になって我々は阻止しなければなりません。デモやクーデターを連発し、かのリビアのカダフィ政権も顔負けの戦術を取るしかありません。

減反 ニカイドウより
 農水省の草から連絡があった。

「福島県と千葉県は日本一米の生産過剰地帯で、農林水産省は長年減反させようとしてきたが、渡部恒三等の圧力により実現出来なかった。最近米が余りすぎてて牛に食わせていたがそれでも余っている。日本の農協系議員は食の重要性なんかまったくわかっていない。」

 ということだそうです。福島県で米が作れなくなって、むしろ農林水産省にとっては都合が良いようです。全水田の4割が余剰分らしいですので。

 でも、規制じゃなくて自由化して、どんどんやらせれば良い。つぶれてしまうところは潰せばいいと思います。休耕田や耕作放棄が増えれば農業技術の継承もないわけで、「非常時に米を作りまくる」という危機管理がベースになっているはずの減反・補助金政策は、現状のままでは意味のないものと考えます。であれば、その産業は転換して他の産業にするか、別の補助金の使い道にすべきべき(農業技術研修センターを作り、強制的に高校1年から2年間研修させるとか)であって、人の働いたカネで遊んで暮らせるような社会の到来・・・それも、政治的理由で・・・なんていうのは許されません。 農政連なんてのが未だにあるのが問題でしょう。

posted by 田舎人 at 06:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

田舎の日記 国債暴落秒読み

★日本国債暴落、秒読み開始か!2011年4月27日

S&Pの日本国債格付け見通しを「ネガティブ」に引き下げられたが、大震災や原発問題が発端となっていることは言うまでもない。

本日のロイターで、【震災は日本国債「暴落時計」の針を進めたか】と題して、論評がなされていたいので、要点をお伝えしよう。


◆「日本の財政は破綻しないのか」「日本国債に暴落の危険はないのか」。東日本大震災が起きた3月11日以降、都内にある大手銀行系証券の債券市場デスクには、欧米ヘッジファンドから、こうした問い合わせが目立って増えている。過去最大級の巨大地震と大津波による壊滅的な被害、それに続く東京電力・福島第1原子力発電所の放射能汚染事故。日本政府に降りかかる復興コストの膨張は避けられず、そうなれば国債相場には警戒信号がともる、つまり、日本のソブリン(国家財政)リスクが一気に高まる、という思惑からだ。



◆ヘッジファンドが描いていたのは、トリプル安シナリオだった、と問い合わせを受けた担当者は推測する。ほぼ1年前、ギリシャをはじめとする欧州のソブリン危機で利益を得た手法だ。未曽有の震災被害で日本の株式、国債、円相場が下落し、日本の長期金利が上昇するというシナリオに沿い、実際に一部ヘッジファンドはスワップションなどのデリバティブ(金融派生商品)を使い、長期金利が跳ね上がれば大もうけできるポジションを組んでいた。



◆貿易の冷え込み、特に輸出の減少は、日本国債の安定消化にとって不安材料となる。貿易収支が赤字に転落し、国内に還流する資金が減れば、国債発行を支える企業や家計の資金余力にも影響する。震災をきっかけに、国債受け入れに回る国内資金が縮小する懸念は高まっている。一方、貿易収支だけでなく、実際に国債を購入し、保有する金融機関の資金余力にも震災の圧力がかかっている。被災した生産・販売設備の復旧、運転資金の確保などのほか、電力供給減にそなえた事業融資への需要が急増しているためだ。

従って、このような観点からみれば、日本のデフォルト=世界同時国家破産という世界経済の破局を意味しているのである...。

◆2011/04/27(水) もっとサバイバル (1) 飯山氏より
4月14日,私は次のように書いた.
「きょうから私は,昨日までとは別の発想,まったく新しい視点で生きていきます.
まったく新しい視点とは,サバイバル! です.」
このサバイバルとは,いったいどういうことか?
それは,
「放射能が降る街に住み,しぶとく生き残る知恵!」
そういう知恵と技術を提供し,皆と一緒に,さらに工夫を加えながら実践していく,
…ということだ.
ようするに,生き残ることを最優先にする考え方・生き方のことだ.
もっとハッキリ言うと…,
もう天下国家などどうでもいい.自分だけが生き延びればいい!
そういう考え方だ.
なぜ? どうして,こんな考え方をするのか?
放射能地獄だからだ!
さらに,政府やマスコミが「心配ない,大丈夫!」とウソの情報を出し,多くの国民を
洗脳してしまったからだ.その結果,どうなったか?
たとえば,こうだ.
マスクをして放射線を防御している人に,
「あいつは自分だけ生きようとしている」
などと非難する風潮ができてしまった….
この国は,実際,おそろしい社会になってしまった.

サバイバル(生き残り)が,益々むずかしくなってきている

◆2011/04/27(水) もっとサバイバル (2)
3月14日.3号機が大爆発した.
その直後,私は,「大量のプルトニウムの微粒子が飛散している!」と書いた.
この後も,何回も何度も,私はプルトニウムが放出されたことを訴え続けた.
しかし,政府と東電は,プルトニウム飛散を絶対に認めなかった.
御用学者も「心配ない,大丈夫!」を言い続け,その合間に,
「プルトニウムが万々が一出たとしても,非常に重い物質なので飛ばない!」
などと非科学的なコメントで視聴者を騙してきた.
ところが,最近になってマスコミは,なんと!
『プルサーマル3号機大破 プルトニュウム大気中に大量に拡散!』
などと恐るべき事実を報道しはじめた.
遅い! あまりにも遅い!
セシウムより何千倍も毒性の強いプルトニウムは,とっくに飛散・拡散ずみだ!
なんと,アメリカまで飛んで行ってしまった.
私が武田邦彦をインチキ学者だ!と非難するのは,武田がプルトニウムの危険性
を否定して東電に媚(コビ)を売り,TVに進出した狡猾さと,卑劣さだ.

しかしともかく,関東・東北のプルトニウム汚染とプルトニウム被曝は深刻である.
政府・マスコミ・御用学者の責任は甚大というか無限大である.
どうするのか? とても責任など取れないだろう.
絶対に無理だ!>政府・マスコミ・御用学者ども

それよりも,私たちは,いったいどうしたらいいのか?

◆2011/04/27(水) もっとサバイバル (3)
昨日,このサイトの掲示板『雑談室』に,悲しいMSGが投稿された.

神奈川在住ですが、15歳の息子が頻繁に鼻血を出すようになりました。
被爆症状ということは、今後癌が発症するということなのですか?
よろしくお願いいたします。

こういう相談は,じつは,はじめてではない.電話では何度も相談されていた.
しかし,このサイトの掲示板に文字で書かれたのは初めてである.
どう答えるべきか? 私は悩んだ.
いや,このサイトでの私の姿勢は,何事も包み隠さず,真実!と思う情報を出す!
という鉄則があるのだから,答えは決まっているのだ.
しかし,相手は15才の息子を持つ母親である.
まだ若い,覚悟という言葉の意味も知らないであろう女性である.
どう言ったらいいのか? 私は悩んだ.
悩みに悩んだ末に,私は次のような文章を書いて投稿した.
○○さん
15才の息子さんは,放射性微粒子を吸い込んで被曝しました.
鼻血は体内被曝の初期症状です.
しかし,息子さんは鼻呼吸の比率が高いと見え,鼻腔の粘膜に
かなりの量の放射性微粒子が付着(捕獲)されました.鼻血と
一緒に大半の放射性微粒子は流れ落ちたと思います.
しかし,肺に吸い込んだ可能性はあります.これも,白血球の
マクロファージや,吸い込んだ乳酸菌=マクロファージが吸収
し体外に出す可能性はあります.

ただし,今後は乳酸菌の力を借りたり,免疫力を上げたりして,
癌になりにくい身体づくり,癌になっても,がん細胞を元気な
マクロファージがどんどん食べていってくれる免疫力づくりを
目指していけば,他人はどうあれ,努力する人,工夫する人は
必ず長生きします!

こうなったらこうなっただ!
ジタバタせずに 癌とも悪魔とも 心に余裕をもって闘っていく!
こんな心構えで,理解し合った者同士,助けあって,生き抜いて
いきましょう.
以上.
飯山一郎.

放射能を体内被曝して鼻血が出る.…つらい時代が来たものである.
放射能が降る.…こんな酷い国になろうとは!思いもしなかった.
しかも,この放射能地獄の原因は,人災(正確には「菅災」)なのだ.
もうとりかえしがつかない! という怒りと悲しさと絶望感.
祖国を失い(日本という国は,もう死んだのだ!),故郷を失った喪失感.
ほんと,もうやりきれない….


アキラの地震予報

*大型地震発生に注意!
連日当地水戸市郊外に於いて、大きな地震の初期微動のみ、や、ドスン!と直下型の地震
が頻繁に発生しています。丁度04/11の福島県沖地震(M7.0)発生前に似ています。
地震発生合図も関東甲信越地方中心として本州全体に出ています。
M7〜M8クラスの大型地震発生に一週間程要注意です。
04/26 11:26今もドスン!と直下型地震です。  04/26 11:27発信

04/26 21:12 茨城県南部  M5.0 震度4
04/26 13:01 福島県沖   M5.2 震度3

posted by 田舎人 at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

田舎の日記 消えた120兆円

120兆円は何処へいったのか  satou氏より
昨夜のクローズアップ現代を見た人は多いと思う。日銀の裏成り冬瓜白川総裁が、災害復興資金として既に120兆もの財政出動したと述べた。そのうちの1兆は東北の金融機関に配ったとも述べた。残りの119兆の行方について、国谷キャスターは何も聞かず、白川も話さなかった。10兆、20兆の資金の工面がつかないから増税だとか年金資金を取り崩すなどとお馬鹿政府は言っている。お馬鹿国民も増税止む無しとその気になっている。

政府主導とは口先ばかりで、能無しだから役人に怒鳴るだけで役人を使いこなせない。結果は役人の都合に合わせて、ますます役人天国になっていく。主権在民と憲法に書いてあるのだから、国民が主人で役人は公僕、つまりしもべだ。しかし僕の報酬は国家公務員も地方公務員も民間の報酬をはるかに凌ぐ。僕たちがいいようにこの国を操り、民は虐げられていく。国の財政が赤字から脱出できないのは、高額報酬を得てのさばっている役人のせいである。

宗主国アメリカの政治家の給与より、属国日本の政治家の給与のほうが高いというに、誰も異存を唱えないのは国民がお馬鹿だからである。役人の給与を半額にして、累進課税の復活強化をすることがまず先決である。国民あっての国家ではないのだろうか。これ以上国民を虐げるのは止めにして欲しいが、国民の大半がお馬鹿で奴隷人生を楽しんでいるようにも思えるから、実現は難しいだろうなあ。
世界各国から日本人の道徳観の高さは評価されたが、和をもって尊しとなす、とはお馬鹿で自分の考えも意見もないから、みんなが賛成することに自分も賛成することで安心してるんじゃないの。付和雷同というんだね。マッカーサーが日本人の精神的な幼さを指摘したことがあったが、戦後60年も経つのに、未だに属国に甘んじているのを見ていると、全然成長していない証拠だね。一人一人が自立した自分の考え方を持ち、意見を反映させて纏まっていくのが真の民主国家です。今の日本はお馬鹿の集まり、支配者にとってこんなに都合のいいことはない。

日銀が国債を買い入れると、円の信用、日銀の信用がなくなるからハイパーインフレがやってくるという。たった10兆や20兆でインフレになるというのに、120兆も財政出動したお金は何処へ行ったのか。日本にあればインフレのイぐらいにはなったかもしれないというのに、そうならないのは何故か?もう日本にはないのじゃなかろうか?野田も白川もアメリカ国籍でも取ってアメリカンにしてもらいな。頭の中はとっくにそうだろうけど。

参考資料(ライジングサンより拝借)
鹿児島県の上場企業
コーアツ工業 (株)平均年齢 42.8歳 平均年収 444万円 年間休日113日
昴(株)        平均年齢 34.1歳 平均年収 415万円 年間休日106日
サンケイ化学 (株)平均年齢 46.3歳 平均年収 462万円 年間休日127日
(株) タイヨー    平均年齢 35.4歳 平均年収 410万円 年間休日115日
(株) Misumi     平均年齢 39.3歳 平均年収 422万円 年間休日124日
(株) ミドリ薬品   平均年齢 35.4歳 平均年収 372万円 年間休日105日
(株) アクシーズ   平均年齢 47.6歳 平均年収 267万円 年間休日120日
(株) マルマエ    平均年齢 33.7歳 平均年収 3,570千円 年間休日 93日
(株) ヒガシマル   平均年齢 36.3歳 平均年収 404万円 年間休日110日
南日本銀行     平均年齢 38.6歳 平均年収 542万円 年間休日 不明
鹿児島銀行     平均年齢 36.5歳 平均年収 650万円 年間休日 不明

阿久根市 年収700万円 ボーナス半額で675万円 年間休日149日(推定)
ぬるま湯の職場で年収700万円、休日149日はふざけていると思う。

◆日本の財政赤字は金持ち優遇税制と政治家公務員の高賃金が原因 3月6日 点字ブロックの掲示板

単にそれだけ、だから財政破綻はあり得ない。例えば個人所得課税負担率が米国と同じなら16兆円税収増になる(08年の実績で単純計算)それと政治家、公務員の賃金を1/2にすれば何ら問題はないのです。

▼政治家や公務員にはボランティア精神が必要なのです、ボランティアは良い仕事をするようです、お金目当てではないからですね。お金目当てなら民間に行くべきです。
▼個人所得課税が米国と同じなら16兆円税収増の根拠
個人所得課税負担率をアメリカと同じ12.0%(日本7.6%なので4.4%増)にすれば単純計算で2008年の国民所得384兆円なので(384×4.4%=16.8)財務省のデータから算出(日本は08年、米国は05年)

▼政治家公務員の賃金は高過ぎ
▽市長、市議 給与日米比較(埼玉との比較)
        議員定数   市長給与   市議給与(ドル年額)
さいたま市     71   212,330   134,594(レート106円)
ボルチモア    19    125,000   48,000
ダラス       15   60,000   37,500
ホノルル       9    112,200   43,350
ラスベガス     6    53,422    40,664
ロス        15   177,091   136,222
ニューヨーク     51  195,000    90,000
サンフランシスコ  11   161,538   37,584
Washington, DC   13   138,200    92,520

▽州知事、議員 給与日米比較(埼玉との比較)
        議員定数 知事給与 県議給与(ドル年額)
埼玉県       94  228,023  148,848(レート106円)
アラスカ     60  75,296    24,012
カリフォルニア  120 175,000   99,000
ハワイ       76  94,780    32,000
メリーランド   188  135,000    31,509
ニ−ヨーク州   211  179,000    79,500
テキサス     181  115,345    7,200
ユタ       104  100,600   日額120
ウィスコンシン   132  122,406   44,233
年間給与(報酬)額、諸経費や特別議会等に関する追加支給を含まない。

追伸 120兆円の行き先が分かったゾ
世界最大の債券投資ファンドである 米国の ピムコは、米国債の比率が 昨年 9月には 3割を越えていたが、12月には 22%になり、1月には 12%に減り、3月末には 米国債保有が マイナス 3%となっていた。
これは 米国債を空売りをしていた と いうことだ。米国債の格下げを、知っていたのだ!

これを受けたのか、東日本大震災後の資金供給 と称して、日銀は 計119兆1千億円の金を市場に出した。
そして ムーディーズは 2日、米オバマ政権の予算は、「AAA」 の米国債格付けを維持するには 一段の措置が必要との考えを 示した。
結局、震災対策にかこつけて 日銀は、ドル延命策の手助けをした。大震災後、復興資金が日本へ入る との予測から 円が買われ、円高 ドル安 になった。
その時日銀は、市場に巨額の資金を供給し、円売り ドル買いの 為替市場介入をし、G7諸国にも 協調介入してもらった。
その結果、今は戻りつつあるが、この 日銀の介入の目的は、円安だけでなく、これ以上 金融緩和できない 米連銀に代わって 日銀が 米国(日米)の株価を テコ入れする意図があった との分析が、米国で出ている。
しかし まだ終わっていない。 また 円高に向かっているからだ。日本を食い物にしている巨大資本に、政府・日銀はどう向かうのか?
日銀はやっぱりFRBの東京支店だったということです。日本国民のためにあるのではなさそうです。こうなったら、何が何でも復興国債を

知られざる日銀の国債引受 課長の一存で額決まる実態 30兆円ならいますぐできる

2011.04.26 雛民より

 菅政権は増税まっしぐらだ。五百旗頭真・復興構想会議議長は冒頭の挨拶から増税を唱え、安藤忠雄議長代理もテレビ出演で増税、他の委員もほとんど異口同音に増税だ。よほど財務省からの増税という「ご説明」の効果があったようだ。

 その「ご説明」では、日銀による国債の引受は禁じ手ともいわれている。日銀引受は、復興の財源方法として、増税と対極にあるものだ。白川方明日銀総裁は「通貨の信認が失われる」という形で強く拒否し、新聞なども、「日銀引受は禁じ手で有識者やマーケット関係者に反対論が多い」と報じられている。ただし、その実態はほとんど誰も知らない。

 4月7日の本コラムを読んだ読者なら、日銀引受が毎年行われていることをご存じだろうが、その話は他の新聞には載っていない。毎年行われている話が禁じ手のはずない。財務省・日銀の「ご説明」は、日銀引受が行われたのは戦前で、今は行われていないという錯覚に陥らせる高度な洗脳術だ。

 私はかつて大蔵省時代に国債発行を担当して毎年行われていた日銀引受もやったことがある。数字は今年度のもので説明しよう。

 国債発行額は44兆円といわれるが、これは新規債の数字だ。このほかに借換債110兆円、財投債14兆円の計約170兆円が発行される。新規債、借換債、財投債といっても、マーケットでは同じ条件でそれらの区別はない。

 新規債の数字は主計局、借換債は理財局、財投債も理財局からくる。それら170兆円を、銀行などから希望を聞いて、銀行などの市中消化152兆円、日銀引受12兆円と割り振る。銀行は資産運用手段として国債は欠かせないが、あまり多すぎては困るという立場。だから、170兆円から銀行希望の152兆円を引いた残差で、基本的には日銀引受額が決まる。

 日銀引受も日銀のプライドとして許せないので少なくしたいというときもあるので、財務省と日銀の間のネゴもある。私が官邸にいた2006年度の日銀引受は23兆円と他の年よりやや多いが、これはちょっと関係者に私が相談したからだ。はっきり言えば日銀引受の数字は課長レベルで決まるので、変えるのはたやすい。

 実は、日銀引受は日銀が保有する国債の満期償還額の範囲内ならいい。一応日銀の顔を立てるために、通貨膨張がない範囲だ。今年度の日銀が保有する国債の満期償還額は30兆円。したがって、財務省・日銀の言い分を100%丸呑みしても、30兆円と今の日銀引受額12兆円の間の18兆円は、日銀引受額を増額してもいい。この変更は予算修正なしでできる。(元内閣参事官・嘉悦大教授、高橋洋一)

口蹄疫の発生
日本最大規模の畜産地帯である宮崎県都城市で口蹄疫が発生した恐れがあるとの発表がありましたが、もし事実とすれば、全ての動きを遮断して拡散を防ぐ必要があります。

前回のような初動の遅れがあれば致命的打撃を受けることになりかねません。

人の動きを全体的にシャットアウトするべきで連休があるからとして、躊躇すれば取り返しのつかない事態になることもありえます。

韓国でも判断ミスから口蹄疫がほぼ全ての韓国中に広がり、韓国の畜産業界は壊滅的打撃を受けていますが、日本も同じミスをすれば今度こそ、宮崎県の畜産は壊滅的打撃を受け、これが熊本、鹿児島、大分に広がれば、九州の畜産業は全滅します。

それにしましても、日本は地震、津波、竜巻、旱魃に襲われており、更に口蹄疫となれば、一昔前前なら『呪われている』と思われたかも知れません。

また、石原知事が『天罰』と発言したことがありましたが、あながち間違っていないかも知れません。


大気イオン濃度が異常に上昇  およよより
 
大気イオン濃度と地震との関係を、PISCOが調べています。

その大気イオン濃度に、大きな変化があったようです。
計測された場所は、兵庫県の川西地区です。


--------------------------------------------------------------------------------

2011/04/26 異常な大気イオン濃度上昇
http://archive.mag2.com/0000154606/20110426063144000.html
国際評論家小野寺光一の「政治経済の真実」

大気イオン濃度が異常に上昇
http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/257.html

HAARPが異常に動く
http://www.asyura2.com/11/jisin17/msg/258.html



posted by 田舎人 at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月26日

田舎の日記 不発爆弾処理!!!

★震災ショックの爪あと・・・2011年4月25日
本日、各業界の指標統計が発表された。

まず、外食産業であるが、3月の外食売上高は前年同月比10.3%減と過去最大の下落幅を記録した。特に、震災後の自粛ムードの高まりで居酒屋のマイナスが目立ったようだ。

また、客数も9.0%減、客単価は1.4%減だった。被災店舗の休業や、計画停電に伴う営業時間の短縮などの影響が出ている格好となっている。

業態別でみると、居酒屋19.8%減、ディナーレストラン 19.5%減と大幅のマイナスとなり、ファーストフード店は8.3%減、ファミリーレストランも9.4%減と大幅に落ち込んだ。(日本フードサービス協会)

また、10年度の全国スーパー売上高も発表され、前年度比1.4%減の12兆3662億円となり、14年連続のマイナスとなった。

部門別では、食料品が0.9%減、住居関連品1.3%減、衣料品は4.1%減だった。

ただ、3月度の売上高は、震災の影響で関東中心にまとめ買いの需要があり、米や飲料水などは6.2%増、懐中電灯やトイレットペーパーなどの日用雑貨品が5.1%増となり、前年同月比で0.3%増となる一方、衣料品は不要不急の買い物を控える動きが影響して16.0%減と、01年以来の大幅マイナスとなった。(日本チェーンストア協会)

そして、自動車の3月の国内生産台数も発表された。
38万7567台(前年同月比57.5%減) ※当初計画46万台

無論、大震災の影響により工場の稼働率の低下、部品供給による減産が相次ぎ、今後も海外工場などに影響が拡大していくことが必至の情勢である。

メーカ別にみると、トヨタ自動車62.7%減、ホンダ62.9%減、日産自動車 52.4%減と、惨憺たる数字である。8社合計の輸出台数も26.3%減の29万3413台に落ち込んでいる。
自動車業界は、リーマンショック後にGMが倒産したように業界全体が地盤沈下したところへ、今回の震災ショックが重なり、さらにダメージを受けることになった。

新興国市場の需要もインフレ台頭により後退する懸念が増大しており、更なる低迷は避けられない状況である。
外食、スーパー、自動車と、日本の景気を象徴する業界において、このような状況となっているが、決して一時的な震災の打撃とはいえず、原発事故のよる放射能汚染問題も含め、慢性化している消費需要の低迷に拍車がかかり、さらには失業問題も絡み、ますます日本経済は凋落の一途をたどることになろう。
復興すべきは、もはや日本全体の経済なのである...。

◆2011/04/25(月) マクロファージをしっかりとイメージする! 飯山氏より
突然ですが,みなさんに質問です.
「“日本放射能時代”を生きのびる知恵! そのキーワードは何か?」
こう訊かれたら,皆さんは何と答えますか?
正解は,『マクロファージ』です.

マクロファージに関して,しっかりとしたイメージをもてれば,あなたは長生きします!
下のリンクをクリックすれば,なかなか優れた動画が見られます.
マクロファージに関して明確なイメージが形成できます.
じっくりと御覧ください.

   動画:『マクロファージと私たちの健康』

TOP
◆2011/04/25(月) とにかく免疫力を高めよう!
メール,スカイプ,電話,ツイッター,雑談室,フェースブック,QQ,メッセンジャー.
上のツールは,どれもコミュニケーション・ツールである.
ツールの向こう側には人間,というか友達がいる.
昔から私は,ただでさえ友達が多いのに,最近さらにPCの友達が激増している.
そこへ続々と客がくるので,朝から深夜まで接客と人づきあいの連続だ.
それでも,ひょいとヒマを見つけて,2km先の志布志湾の浜辺まで散歩する.
そうだ!散歩という言葉で思い出したことがある.
あのな,みんな,散歩は,人生にとって,健康にとって,絶対に必要だからな!
散歩は,精神的に余裕のある人間の特権だ.精神的な貴族の毎日の楽しみだ.
ソクラテスやカントは,鶏鳴から星輝まで,つまり早朝から深夜まで散歩していた.
ソクラテスの場合は,悪妻・クサンチッペから逃げるための散歩だという説もあるが.
日本では,芭蕉.いまだに日本一の俳人である芭蕉は,一生が散歩の連続だった.
ま,一生涯続く散歩は,正確には散歩とは言わず,旅というが….

あ,私がすすめる散歩は,のんびり歩きの散歩ではないぞ.
でれでれ歩くのは散歩ではなくて,遊歩だ.
どうせ歩くのなら,大股で歩く.そして早足で歩く.さらに汗をかく.
この大股・早足で歩いて汗をかく.これは凄く大切なことだ.
もう一度言うぞ.
大股・早足で歩いて汗をかく!
そうすれば,身体のなかの毒素が排出される.
さらに,血流が昂進するので,体全体に酸素と栄養分が行き届き,リフレッシュ!
なにより,免疫力がアップするのだ.

免疫力というのは,体温があがり,気分が爽快になりると,何倍・何十倍ではなく,
何万倍というオーダーで亢進する.
免疫力というのは,白血球の活性度=元気力だ.
白血球は,ガン細胞を貪欲に捕食する.ガン細胞を捕まえて食ってしまうのだ.
だから,大股・早足の散歩1時間で,軽く数千個のガン細胞が食われて死滅する.
以上が,癌が消滅する秘密というか,理論だ.

放射能の降る街に住むヒトも散歩はできるからな.
まず,室内での踏み足散歩だ.
室内にも放射性物質は入り込んでいるから,踏み足散歩の前にはマスクをかけて
掃除機かけて,米のとぎ汁を染みらせた雑巾で徹底的に拭き掃除だ.
それから,雨が1時間も降れば,空気中の放射性物質(チリ)はなくなる.
そこで,長靴をはいて街に出て,大股・早足で歩きまくる,と.
晴天.百均ショップで売っているビニールのカッパで,二重マスクで歩く手もある.

以上.とにかく免疫力を高めてくれ! という話.

一次補正予算予算成立後首相退陣も 武山氏より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110425-00000994-yom-pol

 これで完全に菅首相の命運は尽きました。自発的に退陣すればまだ救われるのですが、最後の最後までもがくようだと、引け際を汚す事にもなりかねません。


東アマより  やはり富士山は富士宮市北部地域で異常な地震活動が起きてる。昨日山体が膨張して見えてると報告のあったあたり http://vivaweb2.bosai.go.jp/viva/v_datalist_fuji.html

naoyafujiwara 藤原直哉
tokaiamaがリツイート
富士山の観測データ。最近1カ月間を見てください。山の西南側に地震が集中しています。地下に明らかに丸っこい地震の巣があります。次に噴火があるとするとこのあたりなのではないでしょうか。http://p.tl/CNuP

2011年 04月 25日

東京湾で『不発弾処理』?一応メモ


え、東京湾で『不発弾処理』ですって?なんの?東京人工地震用の核爆弾ですか? 作成日時 :2011/04/25 13:14
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_147.html

え、東京湾で『不発弾処理』ですって?なんの?東京大人工地震用の核爆弾ですか?不発弾処理の名目で、海底核爆発の痕跡の隠蔽ですか?あ、いやいや、冗談です。

東京湾海上交通センターより

■不発弾爆破処理に伴う交通制限情報(11.04.22) さてはてより

平成23年4月26日(火)8時00分から15時15分までの間、第二海堡南東海域において不発弾の爆破処理を実施します。
これに伴い交通制限を実施します。

平成23年4月26日(火)10時30分から爆破処理終了後、安全が確認されるまで(15時15分予定)の間  
予備日、平成23年4月27日(水)、28日(木)同時刻
区域: 不発弾処理位置(北緯35度18分24.1秒 東経139度45分5.6秒)を中心とする半径300メートル以内の海域
制限事項: 交通制限区域内の航行及び停泊禁止
備考: 交通制限区域周囲には警戒船5隻のほか、巡視船艇が配備されます。 

千葉県により爆破処理位置を中心とする半径3000メートル内の潜水、遊泳の自粛要請がなされます。

京浜港横浜区第3区のYL3錨地内に存在する捨錨鎖の揚収作業が実施されます。
作業日時平成23年4月26日(火)〜28日(木)(日出〜日没)
(予備日平成23年4月29日(金)〜5月31日(火)(同時刻))
概略位置  横浜シーバースから約169度 2,444メートル
北緯35度25分54.10秒 東経139度43分58.95秒
作業船クレーン台船(1隻)、曳船(1隻)、平台船(1隻)、揚錨船(1隻)、警戒船(1隻)
標  識  概略位置付近に簡易標識灯(黄色、4秒1閃光)が、作業前に設置されます。

■情報提供業務の一時休止情報[予告](11.04.20)
4月28日02:30〜03:30の間、回線切替工事に伴い、石廊埼AIS(船舶自動識別装置)局からの情報提供業務を一時休止します。
人口時針

posted by 田舎人 at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

田舎の日記 変化

恐怖と変化!これから起きることを、恐怖と思う方は、どうぞご自由に恐怖だと思ってください。

また大きな変化だと思う方は、その変化の波に乗って楽しく生きてください。


私はこうなる可能性があるというお話しをよくしますが、それはあくまでも可能性です。

今のまま意識が変わらなければ、多分そうなるでしょう。


そしてこれらの変化も、古い価値観からの脱却に過ぎません。

新しい物を作るためには古い物を壊さなければ作れないのです。

今までからそうでした。

古い価値観が新しくなると、アナログからデジタルに移行するように、今までの常識が変化します。

これこそが進化でもあるのです。


崩壊現象を恐怖だと思う方はその恐怖を十分に味わってください。

そうすれば今までどれほど洗脳され、奴隷化されて生きてきたかが良く分かります。


本当は失う物などなりません。

今まで地球の物を、自分の物だと勘違いしてきたことに、気づけば良いのではありませんか?

地球のものは一個人の物では無いのです。

勿論自分の身体でさえ借り物なのですから・・・

posted by 田舎人 at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

田舎の日記 日本の現状

★「サプライショック」で恐慌が深化する!2011年4月23日 日銀の白川総裁が、WSJ紙のインタビューに答えて、今年上半期のGDPがマイナス成長になるとの見方を示した。

以下は、その抜粋である。


◆白川総裁は「少なくとも、第1、第2四半期の国内総生産(GDP)は減少するとみている」と語った。中央銀行の総裁がこうした予測を示すことはまれで、白川総裁が今年第1-2四半期のマイナス成長見通しを公式に示したのは今回が初めて。こうした見方は、民間予測の大勢と一致している。

◆白川総裁は、震災後の日本経済が直面する主要な問題はサプライチェーンへの打撃だとの見方を示した。総裁は「これが問題の核心だ」と表明し、「今回は、需要が蒸発したわけではない。供給能力が大きく抑制されているため、潜在的な需要が実現しないということだ」と続けた。さらに総裁は、こうした状況を「深刻なサプライショック」と呼んだ。

◆また、白川総裁は、景気見通しの後退を踏まえ、経済状況が悪化する場合には、日銀は一段の緩和措置を講じる用意がある、とした。総裁は、「われわれは常に状況を見守っており、必要と判断される場合には、適切な措置を講じていく方針である」と語った。

◆経済協力開発機構(OECD)は今週、日本の経済見通しが悪化する場合には日銀が国債の買い入れ増額などを含む広範な量的緩和措置を導入するなどの一段の措置を取る必要があろう、との見解を示した。 日銀は現在、市場への資金供給の一環として、月額1兆8000億円規模の長期国債の買い入れを行っている。日銀の長期国債保有残高を日銀券発行残高以下に収める「銀行券ルール」の縛りがあるが、日銀の最新データによると、まだ20兆円規模の買い入れ余地が残っている。【WSJ 6:58】

◇前回の記事でも指摘したように、サプライチェーン問題は世界の企業に影響を与えている。
金融危機が「サブプライム」から引き起こされ、「リーマンショク」により拍車がかかり、そして、「サプライショック」により、いよいよ既存の経済体制は崩れ去ろうとしている。

単に経済ばかりでなく、国家の存亡や産業構造、そして人々の価値観まで変えていくのが、世界恐慌である。

米・欧・日の各中銀は、最後の"協調"をしているかのようである...。

★ドル不信任と「5月危機」...2011年4月22日
ドルの独歩安が続いている。ドル指数も過去最低の水準(70.698)に近づいているようだが、米当局のドル政策に対し、世界が拒否反応を示していると見解を、WSJ紙が社説で述べている。


あまり多くの言は必要なかろう。

食品・エネルギー価格の上昇、資産バブル、インフレ、更には北アフリカ・中東の民衆革命、を含め、すべて米国のドル緩和策により生じたものであるということだ。そして、それにより影響を受けた国々から米国に対する信認が揺らいでいるのだ。

全面的なドル下落と最高値を更新しつづける金価格の上昇は、それを物語っているのである。

信認を失った米国発の「5月危機」が起きようとしている・・・。

◆日米同時国家破産の危機・・・2011年4月22日


日本のソブリン債リスク、ギリシャに次ぐ2位−蘭ラボバンクが指摘
米 国と日本がソブリン債危機に陥るリスクは、金融市場が現在示唆している水準よりも大きいと、オランダのラボバンク・インターナショナルが指摘した。
今後最も注目すべきは、貿易収支であろう。

震災と原発の影響により輸出が激減しており、この2,3ヶ月以内に貿易黒字国から赤字国へ転落する可能性が高まっている。

これまで貿易黒字によって貯めてきた"貯金"も、内需低迷と重なり、減る一方となろう。

となれば、それまで国債金利上昇を抑制してきた国内の潤沢な買い余力が脆弱となることから、日本国債の信用は落ちていく。また、日銀が国債買取を行えばさらにそれは加速する。

米国に関しても最近来指摘してきている通り、ギリシャ以上に債務問題が取り沙汰されてきており、市場の反乱が起きる恐れがある。


もはや、日米同時国家破産の危機が迫りつつあるのである...。

憂うべき日本の現状!
 日本はいま、とんでもない情況に落ち込んでいます。福島県では放置された牛舎から飢えた牛の泣き叫ぶ唸り声が聞こえ、幼稚園や小中学校では、無邪気に遊ぶ子供たちの眼の前で、不安におののく親たちが眼に見えない放射能の危険に怯えてています。

 その裏で、会見に臨む原子力安全委員会のメンバーは、口先だけの言い訳に終始し、子どもの被曝線量をなぜ増加させたのか、言い訳にも何にもならない説明を繰り返し行っています。若い説明者が口角泡を飛ばして説明する傍らで、年配の明らかに上司と思われる人物が憮然とした表情で質問者を睨みつけていました。

 この態度は一体何なのでしょうか。保安院も、原子力安全委員会も国民の奉仕者ではないのでしょうか。彼らの給与は一体どこから出ているのでしょうか。税金の一部が充てられている筈です。

 政界では、与党も野党も党利党略に拘って、四分五裂の状態であり、誰も国民の事を本当に考えているとは思えません。

 この国全体が機能を完全に失っており、マスコミはピント外れの記事ばかりを書いています。その一方で、諸外国は完全に日本を見離す行動に出ており、日本は世界の動きから遊離してしまっています。

 私は、牛舎に繋がれながら、バタバタと飢えて死んで行く牛の姿を見て、可哀そうだと思わない事はありませんが、どうせ彼らは乳を採られ、肉は人間の食卓に供される訳ですから、黙っていても命を奪われるだけでしょう。しかし、余りにも身勝手な人間のやり方に、心の底からの呻き声を発しているように思えてなりません。

 もし天上からこのような人間界のありさまを見ている人がいるのなら、この人間界の現状を愁え、何とか手を差し伸べる方策を考え出さないものかと思わずにはいられません。

http://uekusak.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-3e2b.html

posted by 田舎人 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

田舎の日記 大きな声で歌おう!!!

◆2011/04/21(木) 免疫力:放射能を浄化する! (2) 飯山氏より
いま,日本人にとって最も必要な情報は何か?
それは…,
放射能が降る街に住みながらも,一人一人がしぶとく生き残っていく生き方!
つまり,「放射能に勝つための生活情報=サバイバル技術」です.
できるなら,放射能が降りつづく街になど住みたくない!
こんな街から出ていきたい! 遠く西のほうに逃げていきたい!
しかし…,
放射能が降る街を去ることが出来ない….

関東平野にも,日本の首都・東京にも,濃密な放射能が降り注ぎ,舞い散る…,
こんな見たこともない,考えたこともない悪夢が現実になってしまった今…,
私たちは,いったい,どう生きていったらいいのか?

放射能にも負けずガンにも負けぬ丈夫な体をつくるには,どうしたらいいのか?
この答をさぐるために,先ず私たちは,ガンの発生機序を勉強してきました.
ガンの発生機序とは,正常細胞がガン細胞に変化する仕組みのことです.
放射線=電磁粒子(鉄砲玉)が,テロメア=遺伝子を破壊するからガンになる….
このテロメア破壊がガンの原因だということは,私達の“常識”になりました.
この“常識”がまだ分からないヒトは,このあたりに戻って,読みなおして下さい.
命にかかわる問題なんですから!

いよいよ本題に入ります.
ガンにならない方法.ガンになっても,ガンを消滅させる方法です.
結論から言います.
免疫力を高めればガンにはなりませんし,できてしまったガンも消滅します.
では,免疫力とは何か?
免疫力とは,元気で丈夫な白血球のことです.
とくにマクロファージと呼ばれる白血球が元気なら,ガンにはなりません.
じゃあ,マクロファージを元気にするためにはどうしたらいいか?
答を言います.
乳酸菌です.乳酸菌.
大切なことなので,2回言いました.   \( 乳酸菌だぞ!)/

★三菱UFJの凋落・・・2011年4月21日

今朝の【重大ニュース】でも採り上げたが、巨大損失を出した三菱モルガン証券の動きが慌ただしくなっててきている。
まず、750人の人員削減を行い、さらに早期希望退職の募集を行うとのことだ。
また店舗も87から75店にする予定だという。
さらに、社長の秋草氏も辞任する方向で調整しており、来週には新体制、新組織を発表する予定とのことだ。(日経新聞、その他より)

デリバティブ取引による損失であるというが、プロである三菱モルガンが"バクチ"に負けた格好となっている。
親会社である三菱UFJ・FGの大勢に影響はないようだが、これが引き金となる可能性もある。
今後、モルガン・スタンレー側の強く出てくるとの観測が流れており、三菱UFJ側が劣勢となるのは必至である。

菱UFJとモルガンの合弁は、モルガン側の思惑が働いているように思われる。つまり、三菱UFJを足元から攻め込み、土台を揺るがす企業戦略である。
今後の三菱UFJの動向に大きな影響を与える可能性が出てきているのである...。


菅政権はどこまで悪政を続けるのか 武山氏より
 菅政権は、東日本大震災のどさくさにまぎれて、幾つかの悪政を実施しようとしています。今朝はその幾つかを列記しておきましょう。

 まず第一に、消費税の引き上げです。この悪政ぶりは幾つかのサイトが既に取り上げていますので、今さら私が取り上げるまでもないでしょう。

 第二はTPPへの参加です。これこそどさくさまぎれに強引に参加を決めようとしています。

 第三に、この事と関連があるのですが、減反の実施です。えっ、何で今さら減反なの、と誰でも思うでしょう。農水省は予算が余っているから、今年も実施するんだそうです。何を考えているんでしょうか。

 第4に、原発維持のための原子力行政です。数々の誤魔化し、隠蔽を続けていて、この国には原発など必要ない、と国民の皆が思い始めているのに、いまだに菅政権は原発行政を見直すとは一言も言っていません。

 この国の政権は、完全に国民と遊離しています。今こそ、一刻も早く菅政権を退陣に追い組い込むべきです。


みんなで歌おうRCサクセションの替え歌
http://www.youtube.com/watch?v=aJdMa1VI0do&feature=player_embedded

RCサクセション「マネーゲーム・ブルース」:dedicated to 忌野清志郎みなさん、こんにちは。

以下はジョークです。本気にしないでくださいヨ。

いやはや、今の菅直人民主党政権の国家運営を見てると、もう笑うほかはない。そこで、今は亡き、忌野清志郎作の「サマータイム・ブルース」と「ラブミーテンダー」

RCサクセション サマータイムブルース〜LOVE ME TENDER


をさらに替え歌にして、忌野清志郎氏に捧げたい。本当にご冥福をお祈りいたします。きっと清志郎さんが生きていたら、こう唱っていただろうナア。


RCサクセション マネーゲーム・ブルース
オリジナル歌詞: E. Cochran & J. Capehart
替え歌詩: dedicated to 忌野清志郎

ヒラリーがそこまで来てる
政府が大使館へくり出していく
人気のない所で対談したら
60兆円がなくなっていた
さっぱりわかんねえ、何のため?
借金日本のマネーゲーム・ブルース

東日本が地震にあった
福島原発も崩壊寸前
だけどもまだまだひどくなる
増税論議がやって来た
さっぱりわかんねえ、誰のため?
借金日本のマネーゲーム・ブルース

あくせく稼いで税金取られ
たまのバカンス田舎へ行けば
そこら中が潰れている
日本の税金がまだ増える
知らねえ内に引かれていた
あきれたもんだなマネーゲーム・ブルース

(税金という言い方も改めましょう。
何でも縮めるのは日本人の悪い癖です
正確に「国または地方公共団体に租税として納付する金」と呼ぼうではありませんか。
心配は要りません)

消費税アップがそこまで来てる
あんたもこのごろ財布が寒い
それでもテレビは言っている
「日本経済は復活します」
さっぱりわかんねえ、根拠がねえ
これが最後のマネーゲーム・ブルース

国家予算は余ってる、
税金要らねえ、もう要らねえ

国家予算は余ってる、
税金要らねえ、やりたくない

増税は要らねえ、
家計が危ねえ、やりたくない

要らねえ、要らねえ、やりたくない
要らねえ、要らねえ、

国家予算は余っているんだってよ
要らねえ、危ねえ、

増税は危ねえ、
貧乏で死にたくねえ、危ねえ
おれは貧乏で死にたくねえ。
危ねえ、危ねえ、家計が危ねえ

君も君も君も君も、お金が欲しいなあ
ぼく、税金をとられ無い給料がいいなあ、と来た
危ねえ、危ねえ、家計が危ねえ



Love Me Tender/(なに言ってんだー)
オリジナル歌詞: E. Presley& V. Matson
替え歌詩:dedicated to 忌野清志郎

何言ってんだー、ふざけんじゃねー
消費税アップなどいらねー
何言ってんだー、よせよ
だませやしねぇ
何言ってんだー、やめときな
いくら理屈をこねても
ほんの少し考えりゃ俺にもわかるさ

消費税はいらねえ、手取りを増やしてぇ
何やってんだー、税金(かね)かえせ
目を覚ましな
たくみな言葉で一般庶民を
だまそうとしても
ほんの少しバレてる、その黒い腹

何やってんだー、偉そうに
世界の真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな

Love me tender, love me true
Never let me go
Oh my darling, I love you
だまされちゃいけねぇ

何やってんだー、偉そうに
世界のど真ん中で
Oh my darling, I love you
長生きしてえな


posted by 田舎人 at 09:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

田舎の日記 激減した 田舎の日記 激減した貿易黒字

米海兵隊特殊部隊の帰国
アメリカ海兵隊の核兵器対応部隊であるCBIRF(特殊兵器事態対処部隊)が帰国することになりましたが、日本ではこの帰国で危機は去ったとの論調がありますが、事態は全く違います。

この部隊は日本の為に来ていたのではなく、あくまでも米国独自の調査が目的であり、この情報収集・分析が終わったために帰国するもので、今後、アメリカ議会、及び国防省に100ページを超える調査報告書を提出することになるでしょうが、内容がどのようになるか注目する必要があります。
(全面公開になるのか、それともフランス・ロシア等だけに秘密報告書を見せるのか今は分かりませんが、かなり細かい報告書になるのだけは確かです)

先般のヒラリークリントン国務長官の訪日は5時間もなく、日本側はもっと「歓待」したいと思っていたようですが、危機の認識の次元が全く違っており、「話にならない」として早々に日本を去ったものです。

サルコジフランス大統領、ヒラリークリントン国務長官は暇人ではありません。
世界で最も忙しい政治家であり、これら重鎮がフクシマ原発問題だけを目的に数時間だけ訪日した意味を日本人が理解出来ていないとすれば、それは悲劇的なことだと言えます。

激減した貿易黒字(日本)
3月の貿易黒字の事前予想は4900億円でしたが発表されました数字は1965億円となり、激減しています。

この激減の理由は輸出が一年前に比べ2.2%減少し、輸入が反対に11.9%急増したからです。

4月は生産の混乱もあり、輸出がさらに落ち込むのは避けられず、反対に輸入は多くの企業が商品・部品調達先を海外に回したこともあり、一段と増えることもありえ、貿易赤字に転落するのは避けられません。

今回の地震・津波被害による部品調達難で、日本企業を始め世界中の企業が日本からの部品調達を韓国、中国、台湾、タイ等に切り替える動きも出てきており、今後これら需要は日本に二度と戻ってこないかも知れません。

また地震の多さ、税金の引き上げ、放射能汚染問題もあり、製造業の本格的な日本無視が一気に進めば、日本の産業の空洞化がさらに進み、日本の製造業は日本ではまともに製造できない事態になるかも知れません。

貿易で稼げないどころか、赤字になれば、投資(資本収支)収益に依存する経済になり、極めて不安定な経済になります。

投資立国として生きようとしたアイルランドの今の惨状をみれば、投資程あてにならない経済はありません。

震災後、吹き荒れるリストラの嵐2011年4月20日 13:23※日本全国から収集された街角の景気状況をお伝えします。


◆東証1部上場の照明器具メーカー「岩崎電気」は、3月7日付で公表していた希望退職者の募集に81名が応募したことを明らかにした。対象となったのは40歳以上58歳以下の正社員で、退職日は4月30日。なお、この施策に伴い、退職加算金等の支出として5億2000万円の特別損失を計上するとのこと。

◆ジャスダック上場の「ひまわりホールディングス」は、連結子会社の「ひまわり証券」にて希望退職者の募集による80名の人員削減を明らかにした。対象となるのはひまわり証券の全従業員で、退職日は5月31日。退職者には特別退職金を別途支給するほか、希望者には再就職支援を実施する方針。

◆東証マザーズ上場のシステム開発業「フライトシステムコンサルティング」は、5月31日をもって福岡営業所(福岡市博多区)を閉鎖すると発表した。2006年に開設された同営業所は、九州地域における映像系・電子自治体系サービスの営業拠点として事業を展開してきたものの、今後は新規サービス事業に経営資源を注力することから今回の決定に至ったようだ。

TOP
◆2011/04/20(水) 被災地の女子高生からの手紙 飯山氏より
559■真実

助けてください
福島県南相馬市の
女子高校生です

わたしは友達を津波で
なくしました
私の友達は
両親をなくしました
私の無二の大親友は
南相馬でガソリンが
ないため避難できずにいます

電話やメールでしか
励ますことしかできません

親友は今も放射能の恐怖と
戦ってます

だけどもう、諦めてました

まだ16なのに
死を覚悟してるんです
じわじわと死を感じててるんです

もし助かったとしても
この先放射能の恐怖と
隣り合せなんです

政治家も国家も
マスコミも専門家も
原発上層部も全てが敵です
嘘つきです

テレビでは原発のことが
放送されなくなりつつあります
同じ津波の映像や
マスコミの心ない
インタビュー
口先だけの哀悼の意
被災を『天罰』と言った政治家

政治家はお給料でも
貯金でも叩いて助けて下さい

彼らの贅沢をやめて
被災者を生きさせて下さい

命令ばかりしないで、
安全な場所から見てないで、
現地で身体をはって助けてください

私達は・・・見捨てられました
おそらく福島は隔離されます

完全に見捨てられます
国に殺されます

私達、被災地の人間は
この先ずっと
被災者を見捨てた国を、
許さないし恨み続けます

これを見てくれた人に
伝えたいです

いつ自分の大切な人が
いなくなるかわからないです
今隣で笑ってる人が
急にいなくなることを
考えてみてください

そしてその人を
今よりもっと大切にして下さい
今、青春時代をすごす
学校が遺体安置所になってます
体育や部活をやった
体育館にはもう二度と
動かない人達が横たわってます

どうしたら真実を
一人でも多くの人に
伝えられるのか・・・
一人でも見て貰えれば幸いです
考えた末、勝手ながら
この場をお借りしました
ごめんなさい、そして
ありがとうございます
********** 転載自由とのことです。 **********

TOP
◆2011/04/20(水) 免疫力:放射能を浄化する! (1)
いま,日本は,国家どころか,民族までもが滅びようとしている.
滅亡の原因は,日本人が“二重の安全神話”に騙されてきたことだ.
 1.何度も何回も執拗に宣伝された「原発は安全です!」だという神話(ウソ).
 2.原発が大爆発すると「大丈夫!心配ない!」という神話(ウソ).
濃密な死の灰が首都に舞い散っているのに,マスクもせず平然と街を行く大衆.
これはマスコミと政府が,「大丈夫!心配ない!」と執拗に洗脳した結果だ.
こうして数千万人の大衆は,連日,濃厚な放射能を吸いながらも,自らのガン発症
には無関心だ.
ここまで大衆を洗脳した政府・マスコミの責任は,重大というより,もはや犯罪だ.

しかし,事態は,もう手遅れだ.
原子炉が4基も大爆発して,連日,放射能がダダ漏れ!
…という地獄のような現実が1ヶ月以上も続き,数千万人の大衆は,プルトニウム
をはじめとする危険極まりない放射能を,肺臓の奥深く吸い込んでしまった.
彼らの7割強は,15〜20年も早くガンで死ぬ.奇形児の赤児も激増する.
こうして,数千万人もの日本人が住む関東平野は,“生き地獄”になるのだ.
そうこうするうち,成人の生殖腺細胞の変異が進行してゆく.
さらに,日本人のDNAも急速に破壊されてゆく.
これは民族のDNAが変異してしまうということなのだ!
考えただけで身の毛がよだつような恐ろしさ!
…あなたも感じるはずだ.日本人なら.

原発事故の恐ろしさは,どんなに強調しても強調しすぎることはない.
しかし,放射能の脅威を,どんなに大声で言っても首都圏の大衆には届かない.
声が届いても,テレビに洗脳されて茹でガエル状態になったB層には理解不能だ.
だから今後は,天下国家のことなどは,無理にでも忘れたほうがいい.
ヒロシマ・ナガサキ・ビキニ・チェルノブイリの悲劇から全く何も学ばなかった日本.
こんな国は,滅びても自業自得なんだし,今さら何を言っても駄目だ.
いまは,自分と愛する家族,そして大切な親友が何とか健康でありますように!
それだけを祈る.祈って祈って祈っているうちに,免疫力が高まってくる.
免疫力が高まれば,なんと! ガン細胞は消えてゆく….
本当に,ガン細胞が消滅するのだ!


チェルノブイリ事故の1986年まで,ソ連の平均寿命は右肩上がりだったが
事故を境に下降しはじめ,94年に激減ピークとなる.
これは白血病などの早発ガンの致死ピークにも一致する.
やがて,日本も上のグラフのようになる.
悲しいが,数百万人が矢継ぎ早やに死んでいく地獄が現出する.
その時,たくましい免疫力の強い“乳酸菌人間”が,弱者を励まし,介護する.

イタリア政府、原発再開を断念 武山氏より
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011041901001140.html

 イタリア政府は、福島第一原発の事故を受けて、原発の再開を断念しました。この決定は、国民の反対が強く、国民投票にかけても否決される事が決定的だとの見通しのためです。

 このように、国際世論は原発否定に向き始めており、日本もこの傾向を無視する訳には行かなくなりました。
posted by 田舎人 at 19:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

田舎の日記 アメリカ格下げ

2011年04月18日 格下げへ(アメリカ)
アメリカの格付けがネガティブに変更され、格下げとなる予告がされており、これで円相場急騰のお膳立てが出来ました。

日本経済をつぶすために1ドル60円台は一度はつけにいく筈であり、今回の格下げ予告はその一つの理由となります。

米国債格下げでNY株急落、金高騰2011年4月19日 NY株急落、金は高騰=米金融市場混乱


週明け18日のニューヨーク金融市場は、米格付け大手スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が米国債の格付け見通しを引き下げたことを受け、株式、債券、ドルが一気に売られ、朝方は一時「米国売り」の様相を呈した。ただその後は「実際の格下げまでには時間的猶予があり、政府および議会の対応次第では格下げを回避できる」(米エコノミスト)との見方が広がったことから不安が幾分和らぎ、いずれの市場も一時の安値からは戻した。
株式市場ではダウ工業株30種平均が一時250ドル近く急落。引けにかけてやや戻したものの、前週末終値比140.24ドル安の1万2201.59ドルと、大幅安で取引を終えた。債券市場では価格と逆に動く長期金利が発表直後は急上昇したが、その後は低下に転じ、10年物米国債利回りは前週末引け水準比0.03%ポイント低下の3.38%で終了した。
また、外国為替市場ではドル売りの動きが一時加速。ただその後は、徐々に落ち着きを取り戻す展開となった。午後5時現在は82円62〜72銭と、前週末同時刻比43銭の円高・ドル安。
 一方、金塊先物相場はリスク回避の動きから買いが集まって一段と上昇。中心限月の6月物は前週末終値比6.90ドル高の1オンス=1492.90ドルと、1500ドルの大台目前で終わった。

【時事通信 07:02】
高所得者は負担を重く(五十嵐財務副大臣)
高所得者、資産家、利益を上げている企業は復興財源を余計に負担するべきとの意見を五十嵐財務副大臣は述べていますが、あとウルトラCの財源としと、【金】の売却時に特別課税をするという案も浮上してきていると言われており、1000万円以上の預貯金に対する課税もあわせて、持てる者への課税が一気に強化されることになるかも知れません。

勿論、消費税も上げるのでしょうが、広く浅く課税となる消費税だけでは足らなく、持てるものへの集中課税をすることで一種のガス抜きをすることになるかも知れません。

また、株式売却時に売却代金に課税する案も浮上してきているようで、なりふり構ない増税となるかも知れません。

資産家、富裕層が狙われている2011年4月19日 13:16


本日の報道で、政府は大震災の復興財源確保のために消費税を8%へ引き上げる方向で検討に入ったようだ。

12年度から3年間限定のようだが、これで復興支出の大半をまかなえるという。

また、先日も触れた「復興再生債」発行の方針も決め、消費税引き上げによる税収を、その償還財源する考えのようだ。



消費税が全面に出ているが、先日も指摘したとおり、それだけでは済まないようである。実は、昨日の報道で以下のような報道があった。





復興財源は所得や収入多い個人・法人に=五十嵐財務副大臣

五十嵐文彦財務副大臣は18日午前の記者会見で、2011年度の第2次補正予算の財源を消費税で充当する案が出ていることに対し、「国民に薄く広く負担をお願いする」としたうえで、個人的な考えとして「所得や収入の多い個人・法人には、一定のより大きな負担をお願いせざるを得ないと感じている」と述べた。

 五十嵐副大臣は「復興には相当な財源が必要」としたうえで「歳出入のあらゆる面を見直して財源をねん出する」意向を表明。「復興の規模をある程度想定しないといけない」が、現在は「大きな余震で被害は拡大している」状況だとして「全体を見てから。規模が決まらないと、なかなか増税で、ということも言えない」との考えを示した。(後略)

【ロイター 18日12:20】


復興財源確保のための増税案の"本性"が徐々に明らかになってきている。

所得や収入の多い個人・法人に「重税」をかけるのである。

消費低迷が見込まれる以上、消費税を上げたところで限定的であり、記事にもあるように余震による被害が今後も拡大し、被災地だけでなく、全国に渡って経済的損失の影響を及ぼしていく中にあって、財源規模がどれだけの規模になるかは現状把握できない状況である。



従って、消費税や所得税以上の増税に求める以外に手立てはなくなる状況に追い込まれ、当然のごとく資産家や富裕層への負担が強いられてくるのである。

こうして、「臨時増税」=「財産税」「資産税」の網がかけられてくるのだ。



個人の財産をすべて把握するなど、手間暇がかかり、国民背番号制が施行されてからでないと無理だとする意見もあるが、そんなことはない。

やり方は、二つ。

1.銀行を預金封鎖し、新円切り替えを行う。(タンス預金を炙り出す)

2.「臨時財産調査書」を書かせること。(虚偽申請は刑罰に処される)



1は世界的な甚大な金融危機に乗じて行われる可能性がある。

米国のデフォルトがその最たるものである。日本のドル資産が消滅すれば、当然、金融パニックが起き、政府は一気に預金封鎖を行うであろう。

ここから個人資産の把握に向かうことになる。(その後の詳細は省く)





2は、ある日の早朝、突然、超法規的な法令が発令され、全国民に「臨時財産調査書」が送付されたことが告げられる。(同時に預金封鎖も行う可能性もある)

その調査書には保有するすべての財産を克明に記さなければならない。さもなくば・・・。(突然発表するのは、事前に資産の海外移転を防ぐためである。なお、海外に資産を移しても、日本国籍のある本人の所有物である限り、資産税の対象となる)


まもなく、貴方のもとに「臨時財産調査書」が届くかも知れないのである...。

posted by 田舎人 at 15:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

田舎の日記 アジアバブル崩壊

11年04月18日
アジアバブル崩壊へ
韓国の不動産バブルが崩壊に入ってきており、不動産開発向け融資の延滞率が昨年末時点で12.9%にも上昇してきており、貯蓄銀行では不良債権比率が10.6%と10%台に乗せてきており、金融機関の経営に重大なリスクとなってきています。

一時韓国経済は活況を呈しているように見えていましたが、実際には中小企業の業績は悪く統計を嵩上げ出来る不動産バブルが韓国経済を好調に見せかけていただけなのです。

この図式は中国も同様で、中国の不動産市況も徐々に悪化してきており、地方政府傘下のノンバンクの不良債権比率が20%を超えるところもあると言われており、次第に中国バブルは崩壊に向かっています。

足元の経済が悪い中、嵩上げされた経済下では通貨は上がるしかなく、これが余計に輸出中心の中小企業の採算を悪化させ、業績を悪化させます。

アジア(韓国、中国)不動産バブル崩壊に備えた経営、投資態度にかじをきるべきだと言えます。

2011年04月18日
〔写真〕福島第一原発から「白煙」が激しく昇っている(18時現在) 低音より
ふくいちライブカメラ(18時)
http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/506.html


653 名前:M7.74(北海道)[sage]
投稿日:2011/04/18(月) 18:04:03.31 ID:fO535zlr0 [2/2]
ふくいち18:00更新。
また煙出てますね…


655 名前:M7.74(奈良県)[sage]
投稿日:2011/04/18(月) 18:04:06.71 ID:a0Sz5Dd80
ふくいち今日は吹きすぎ


667 名前:M7.74(岡山県)[sage]
投稿日:2011/04/18(月) 18:11:27.07 ID:bOlnUMr90
ふくいちカメラ見たが白い柱あるな

2011年04月18日10:05高層マンより カテゴリライザー式科学掘削船「ちきゅう」は軍事目的に利用されている可能性がある。「「ちきゅう」は、人類史上初めてマントルや巨大地震発生域への大深度掘削を可能にする世界初のライザー式科学掘削船です。「ちきゅう」は、統合国際深海掘削計画(IODP)の主力船として地球探査を行っています。
地球が水と生命に恵まれたオアシスであることを我々は既に知っています。しかし、過去46億年の地球の歴史で繰り返されてきた、隕石衝突、地震、火山噴火、津波、異常気候の発生は、地球上の生命に多大な影響を及ぼしてきました。
過去の気候変動、生物の活動、地殻変動の経緯を如実に物語る痕跡を地球はその内部に記憶しています。「ちきゅう」は、巨大地震発生のしくみ、地球規模の環境変動、地球内部エネルギーに支えられた地下生命圏、新しい海底資源の解明など、人類の未来を開く様々な成果をあげることを目指しています。」


世界一の性能を誇る日本の掘削船である「ちきゅう」は、日本の先端科学技術を総動員してつくったものなんだろう。表向きは、巨大地震を解明するために巨大地震の震源まで掘削し、地質や地殻を詳細に調査するために開発運用されていることになっているのだ。そもそも先に大事故を引起し、現在事故進行中の原発にしても、その目的は安価で安全、効率的なエネルギーを大量生産し、経済成長の原動力にすることが表向きの目的なのだが、実際の裏の目的とは、原子力を利用した大量破壊兵器を作ることなのだ。同様に、この超高性能掘削船「ちきゅう」を開発運用する理由も、表向きは「巨大地震のメカニズムの解明」なのだが、実際、M9の巨大地震が発生し、大量の被害者が発生している状況が現実となった今から判断しても、「ちきゅう」の研究成果が、巨大被害に対応することに直接貢献したという客観的証拠が残されているワケでもない。つまり、その存在目的とは、巨大地震から守ることではないのだ。原発同様に、米国の軍事戦略の一環で運用されている可能性が強いと私は考える。ズバリいえば、「ちきゅう」は日本の先端科学技術と米軍の先端軍事技術が合体した「巨大地震発生装置」なのだ、とね。そして、今回の東日本大震災の原因も、「ちきゅう」による海底のプレートを狙った小型核爆弾破裂に伴う巨大エネルギーによるものである可能性があるのだ、とね。現在、「ちきゅう」は横浜港A突堤に停泊中ということになっているが、実際は横須賀米海軍と一体化し、次なる大作戦を決行しつつあるのではないかと推断する。「次なる大作戦」とは、先から私が予言している「首都圏直下地震」作戦の実行だろう。そのターゲットは東京湾「海ほたる」なのか。これで首都圏を巨大地震で大破壊し、日本発金融大恐慌につなげる大作戦なんだろう。何せ地震は、あくまで「自然現象」なのであって、すべて震災は自然の偶発的できごとであるに過ぎないということになるだろう。それをCIAトンチン菅政権、CIA朝日、CIA読売はアナウンスし、B層洗脳を拡大させることに成功し、すべてを隠蔽、ごまかしてしまうだろう。
米軍のOperationTOMODATI とは、被災地に対する人道支援などの単発的な作戦なのではなく、東日本大破壊計画なんだろう。もちろん、トンチン菅はグル。枝野は、安心だ安心だとアナウンスしながら、ちゃっかり自分の家族はシンガポールへ疎開させているのだ。表向きは「旅行」ってことになっている。
ますます危険だ。続々発生する「余震」と称する地震は何を意味しているのか。私は「余震」ではないと考えている。恐らく、311以降、巨大エネルギーの入力で日本の地殻の形態が変わってしまったのだ。これから、いつもながらの「想定外」の大地殻変動が発生するのだろう。

原発工程表  およよより
 
なにやら9ヶ月で事故処理が済むような、TV報道がされています。
でも一方で、設計者である東芝や日立の見解は、10年とか15年とか、はるかに長い期間です。

どちらが正しいのでしょうか?
そもそも、原子炉が冷却できないと、何もできそうにない気もしますが。



posted by 田舎人 at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。